カルロスゴーンの経営論とは?著書の内容は?

スポンサーリンク

 

 

日本の大手自動車メーカー・日産の会長を務めるカルロスゴーン会長は、自身の経験と知識に基づいた経営論を“カルロスゴーンの経営論”と題した著書に記しています。

 

これはかなり参考になりそうですね。今回は、カルロスゴーンが語る経営論とは何かを探っていきたいと思います。

 

 

カルロスゴーンの経営論の内容は?

日本経済新聞出版社から出版されたこの著者は、2017年2月に発売されました。

内容は主にリーダーとしての気質を問い、人の上に立つとはどのようなことかということを言及していく内容です。

“周囲が「このままでよい」という中、リーダーである自分は1人でも「ノー」と言わなくてはならない”

“リーダーであることを決めるのは自分ではなく周囲である”

自分より上がいなくて、物事の判断をしてくれる人がいないリーダーというのは、非常に難しい立場です。

人の意見に流されてはいけない。

しかし、自分の好き勝手に動いてもいけない。

カルロスゴーンは、こんな板挟みになるリーダーをいかにうまくこなしていくかということを経営論としてまとめました。

もちろん、カルロスゴーンが全て正しいというわけではありませんが、リーダーとしてどうしなくてはならないのかということで思い悩む人にはぜひ読んでほしい著書ですね。

また、リーダーに従ってついていく社員も、リーダーの苦悩や考えを理解するために読んでもらいたいとカルロスゴーンは語ります。

スポンサーリンク

本屋さんでもオススメゾーンに置かれることもあるというカルロスゴーンの経営論。

ぜひ、一度手にとってみてください。

 

 

読んだ人の感想は?

カルロスゴーンの経営論を読んだ人が、続々とネット上に口コミを書き込んでいます。

その中の一部を抜粋して紹介してみましょう。

・内容には深く感銘を受けるし、経営論にしては読みやすい。

・知識や経験があってこそ理解できる内容だ。

・経営論だけではなくマネジメント能力についても参考になる。

・グローバルリーダーについての理解が深まった。

このほかにもたくさんの口コミがありますが、どれも肯定的な内容ばかりですね。

また、経営論という難しい題材ながら読みやすいという口コミは、この著書を手に取る人をさらに増やすキッカケになったでしょうね。

経営論と言われると、難しい話が苦手な人は手に取る前に素通りしてしまいます。

ですが、読みやすいという印象があれば少なくとも一度は開いてみようと思うことができます。

このように、カルロスゴーンの経営論は経営者はもちろんのこと一般市民からも評価を得ている、まさに誰でも読める著書なのです。

リーダーとして活躍したい人もついていきたい人も、この著書はかなり参考になりますよ。

 

 

いかがでしたか?

カルロスゴーンの経営論は、同時にマネジメント力もつくということで経営者ではなくても人の上に立つ立場の方にもオススメです、

機会があったらぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ