【ドルガバ】デザイナーが中国を侮辱したとして、中国からドルガバが抹消された経緯について【詳細あり】

スポンサーリンク

 

 

イタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)のアカウントで公開された宣伝動画に対し、中国で「人種差別的」との批判が広がり炎上。D&Gは中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」で、21日に上海で予定されていたファッションショーの延期を発表しました。

 

延期の発表に先立ち、多数の有名人の招待客がショーへの参加を見送ると表明しています。

 

今回はこの出来事について分かりやすく解説していきます。

 

今月の21日にD&Gが上海でショーを開催予定、カウントダウン動画を作成しweiboで公開。アジア人女性が箸を使って食事をするというもの

実際の映像がこちら↓

アジア系のモデルが、はしでイタリア料理を食べるのに苦労する様子が映っている。動画は「中国への贈り物」と銘打った「グレートショー」を宣伝する目的で制作されたそうです。

最初の「エピソード」が公開されたのは18日。赤いドレスに身を包んだモデルがピザを食べようとする内容で、ステレオタイプな中国音楽をバックに、はしでピザをつついています。続けてナレーターが「はしをナイフのように使ってはだめ」などとアドバイスする場面もある。

 

2、3番目の動画では、同じモデルがカンノーロやスパゲティを食べようとしている。ナレーターはブランド名の発音を間違っている様子で、中国人による「ドルチェ&ガッバーナ」の言い方を揶揄(やゆ)したものだと解釈も出ました。

 

これを差別や侮辱かギャグと捉えるかは正直個人差ありますね。

 

動画が議論を醸す中、D&GデザイナーのステファノガッバーナがinstgramのDMでの友人とのやりとりがリークされます。内容は、

「例の動画が国内で削除されたらしい。私のチームの中国人も中国もアホ。これから取材でも中国はクソと言っていく。中国なくたってやっていける!汚いヤクザめ」

 

これが、火に油を注ぐ事態となり中国では大、大、大炎上!正直これがなければショーは開催されていたと思いますが、なんせ中国人はいかなる相手でも中国を侮辱する相手は許しません。

 

D&Gのショーは毎度キャスティングに定評ありもちろん今回も中国中の芸能人からインフルエンサーからモデルまで大御所を招待していました。しかし、この一連で、ショーに招待されていた中国の大物タレントはショーをボイコット。

デザイナーの発言を聞いた俳優の陈坤(今回のメインゲストの一人)が空港に着いた途端に事態を知りショーの出席を辞退、その場で飛行機を引き返す。ボイコットの火種は彼。

 

中国の大物タレントは基本個人事務所、個人に全ての権限があります。なので即決可能。加えて、国のためにショーを降りる人がいるのに、これで自分が出席したら逆効果です。 もちろん、全員降ります。

 

続けてドルガバと正式契約しているイメージキャラクターの女優迪丽热巴とTFBOYS王俊凯がそれぞれブランドとの解約と今後一切の取引をしないと事務所から声明。

 

一方で、D&Gはインスタグラムへの投稿で、アカウントがハッキング被害にあったと主張。法律事務所が調査を行っているなどと説明していますが、ここまで炎上してからの弁解に痛いものがありますね。

 

中国ではこの出来事がわずか1日と言う素早い時間で起き、D&Gは店頭からも既に消されているそうです。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ