風邪と勘違いしないためにも、ぜひ知っておきたい!!2018年のインフルエンザの症状は?

スポンサーリンク

 

 

毎年のように異なると言われるインフルエンザの症状と特徴。今年のインフルエンザは、果たしてどのような症状が現れるのでしょうか?

 

風邪と勘違いしないためにも、ぜひ知っておきたいところですね。

 

 

今年のインフルエンザは何型?どんな症状があるの?

 

2018年〜2019年にかけてのインフルエンザは、シンガポールA型・香港A型・プーケットB型・テキサスB型の合計4種類のインフルエンザの流行が予想されています。

今年は何と9月頃からインフルエンザによる症状が報告され始め、10月下旬の時点で学校閉鎖や学級閉鎖の報告も100件を超えたといいます。

例年に比べてかなり早い印象がありますね。

9月にインフルエンザの症状が出ても、風邪と勘違いして悪化してしまったという事例もありますので、しっかりとその年のインフルエンザの症状は把握しておく必要があります。

2018年〜2019年のインフルエンザの症状として最も代表的なのは38度以上の発熱や倦怠感、そして各関節が痛くなるという点が挙げられます。

普通の風邪のように咳やくしゃみなどの症状はほとんどないことが、今年のインフルエンザと風邪を見分ける一番のポイントとなりそうですね。

 

インフルエンザの予防法は?子供でもできる簡単な方法とは?

 

インフルエンザにかかってしまうと、特に免疫の少ない子供は脳炎を起こしてしまったりご老人の場合は肺炎を起こしてしまったりすることがあります。

スポンサーリンク

このような二時症状を招いてしまうことを防ぐためにも、インフルエンザはかからないこと、かかっても軽く済ませることが大切になります。

例年、インフルエンザの予防方法としてはやはりあらかじめ予防接種をしておくことが一番です。

ワクチン接種をすると、格段にインフルエンザにかかる可能性が低くなりますし、かかっても軽度で済む傾向があります。

また、インフルエンザが流行っている期間中は出来るだけ人混みにはいかないこと、幼稚園や学校、職場など人が多い場所に出入りする人はマスクをしたり手洗いうがいをしたりすることを徹底すると良いです。

あとは、地震の免疫をつけることがインフルエンザだけではなく風邪などの病気を引き起こさないためには最も大切な要因となります。

朝ごはんはしっかりと食べ、食事は三食、温かい食べ物や飲み物を口にすることを心がけておくと、強い体作りをすることができますよ。

 

 

以上が、今年のインフルエンザの症状と予防方法になります。

予防方法はどれも、親がしっかりと気をつけていれば子供でもできる簡単なものばかりでしたね。

大人はもちろんのこと、子供や老人は自分の体調不良をうまく伝えることが難しい場合も多いです。

ぜひ、周囲の人がしっかりと気をつけてあげ、少しの変化にも気を配ってあげることがインフルエンザを抑制する手助けになりますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ