Koki,がELLEライジングスターを受賞できた理由がヤバイwww

スポンサーリンク

 

 

木村拓哉さん(46)と工藤静香さん(48)の次女でモデルのKoki,さん(15)が今月26日、都内で行われた「エル シネマアワード2018」に登壇。映画出演は未経験ですが、今後の活躍に期待したい「エル ガール ライジングスター賞」を受賞し、モデルとしてのさらなる飛躍をちかいました。

「Koki,」の画像検索結果

 

「エル シネマアワード2018」とは、ファッションメディア「ELLE (エル)」が独自の視点で選出する賞で、Koki,さんは将来性のある人物に贈られるライジングスター賞に輝きました。

 

 

Koki,さんは今年5月、エル・ジャポンにてモデルデビュー。8月に「ブルガリ」の世界最年少&日本初となるアンバサダーに就任。9月には「シャネル」ビューティ・アンバサダーに就任。10月には「大塚製薬」ボディメンテのCMに出演。

 

その後もファッション誌の表紙を飾るなどモデルとしてキャリアを積むかたわら、作曲などの音楽活動も行っています。まさに将来性のある人物ですね!

 

自身がアンバサダーに就任している、シャネルのドレス、ブルガリのジュエリーを身につけて現れたKoki,さんは、トロフィーを受け取ると、

スポンサーリンク

「とても光栄に思います。5月のエルから(モデル活動を)スタートして、いろいろな経験をさせていただきました」

「本当にいろいろな経験をさせていただいて、素敵なクリエイターさん、スタッフさんと撮影ができてうれしかったです」

「もっともっと経験を重ねて、いろいろなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」

と喜びをかみしめるとともに今後の活躍についても意気込みを語ってくれました。

 

Koki,さんのほか、今年のベスト映画を選ぶ「エル シネマ大賞」を是枝裕和監督作『万引き家族』、日本の映画界で輝く女優と監督に贈る「エル ベストアクトレス賞」を寺島しのぶさん、「エル ベストディレクター賞」を三島有紀子監督、今年目覚ましい活躍をした男性に贈る「エル メン賞」を東出昌大さんが受賞しました。

 

「Koki,」の画像検索結果

 

ELLEが選出する映画賞である「ライジングスター賞」は“映画出演の経験がない人物”が受賞するのはKoki,さんが初めてとのことです。

 

映画への出演経験が全く無いKoki,さんですが今後の活躍に期待が込められ、この賞を贈られたのでしょう。

 

木村さんと工藤さんのパワーに加えて、本人の持って生まれた才能や後天的な努力もあるということでしょう。

 

それを認めたがらない人々も多いようですが、Koki,さんの本当の実力や才能はいずれやがて証明しなければならない時が来ますから、その勝負の時期を待ちましょう。

スポンサーリンク
関連コンテンツ