【高千穂一家殺人事件】遺体となった7人の相関図、亡くなった友人は新婚だった?

スポンサーリンク

 

宮崎県高千穂町の民家で6人の遺体が見つかった事件で、遺体となって見つかった男女6人のうち、1人は隣町に住む農業者だったことが判明しました。

 

 

警察の発表によりますと6人は、

▽世帯主の飯干保生さん(72)、
▽妻の實穂子さん(66)、
▽飯干さんの次男の妻の美紀子さん(41)、
▽次男の長男で建設会社社員の拓海さん(21)、
▽次男の長女で小学2年生の唯さん(7)、
▽隣の五ヶ瀬町に住む農業、松岡史晃さん(44)

です。

 

27日の昼前、宮崎県高千穂町押方の農業飯干保生さん(72)の住宅で、飯干さんと妻の實穂子さん(66)、次男で会社員の昌大さん(42)の妻の美紀子さん(41)、次男夫婦の長男で建設会社社員の拓海さん(21)、同じく長女で小学2年生の唯さん(7)、それに次男の知人で隣の五ヶ瀬町の農業、松岡史晃さん(44)の合わせて6人が死亡しているのが見つかりました。

 

警察は、遺体に刃物によると見られる傷もあったことなどから殺人事件として捜査しています。

事件のあと、連絡が取れなくなっている次男と見られる遺体が、27日午前、住宅から2キロ余り離れた国道にかかる橋の、100メートルほど崖下の川から引き上げられました。

 

死亡した被害者のうち実穂子さんは、屋外で見つかり、首は切断された状態だったそうです。飯干さんの次男の妻・美紀子さん(41)と孫の唯さん(7)は、首を絞められたことが死因とみられることが判明しています。

スポンサーリンク

 

保生さんの次男で橋の下で見つかった昌大さん(42)の夫婦間トラブルを仲裁するため、25日夜に飯干さん宅を訪れたとの情報もあるとのことですが、詳しいことは判明していません。

 

松岡さんが住んでいた五ケ瀬町は高千穂町の隣町。近所の女性によると、松岡さんは1年ほど前に長距離トラックの運転手を辞め、父親とともにトマト栽培に本格的に取り組むようになったそうです。

 

松岡史晃さんは今年結婚したばかりの新婚だったとの情報があります。事件当日も、度々飯干夫婦に呼び出される松岡さんに妻は「行かないで」と言っていたそうです。奥さんはやるせない気持ちでいっぱいでしょう。胸が痛いです。

 

松岡さんと昌大さんは知り合いであり、昌大さんに夫婦間のトラブルがあったとの情報もありますが、「それが事件にどう結びつくのかは不明」。松岡さんがどのような経緯で飯干さん宅に行ったのか、引き続き捜査を続けます。

 

昌大さんが働いていた木材会社の社長は、松岡さんのことも小学校時代から知っているという。昌大さんと松岡さんの関係については「どんな接点があったのか分からない」。別の知人も「2人とも知っているが、交遊があったとは聞いたことがない」と証言しています。

 

事件に関係する人物が全て亡くなっているので捜査は難航を極めそうですね。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ