【富田林犯人】樋田淳也の現在…放火で再逮捕

スポンサーリンク

 

 

8月12日、大阪の警察署から逃走した樋田淳也容疑者(30)が、先月29日夜、山口県周南市で、食料品を万引きした疑いで逮捕され、府警が翌30日に、加重逃走の疑いで再逮捕されました。

多くのメディアに取り上げられ皆さんの記憶にも、まだ新しく残っていることかと思います。

 

盗んだバイクを保管していたとして樋田容疑者が最初に逮捕されたのは5月25日のこと。富田林署に勾留された彼はその後、強盗致傷、強制性交などの容疑で再逮捕され、同署に留め置かれていました。

 

そして8月12日、弁護士と面会室で接見した直後に間仕切りのアクリル板を破って逃走。

大阪府富田林署から勾留中の容疑者の男が逃走!樋田淳也と接見していた弁護士がやばすぎるww

 

すぐに樋田容疑者に似た男が自転車で北に向かう姿が防犯カメラに映っていることが分かり、また大阪府松原市にある彼の実家近くで黒い原付きバイクが盗まれ、同府の羽曳野市や大阪市でこのバイクを使ってのひったくり事件が発生しました。

スポンサーリンク

 

さらに8月14日には兵庫県尼崎市の防犯カメラに樋田容疑者らしき男の姿が捉えられるなど、数々の「痕跡」が見つかったものの、府警が彼の居所を掴むことは出来ず。

 

樋田容疑者が逃走後、府警は彼の土地鑑があるところばかりを重点的に捜索していました。具体的には松原市周辺の大阪中南部などで、知らないところには行かないだろうと高を括(くく)っていた節があります。

 

結局逃走してから約1か月半後に食料品を万引きした疑いで山口県周南市で逮捕されました。

 

警察官3000人の態勢で行方を捜査していた府警は何の意味があったのでしょうか?

 

一方で、加重逃走などの罪で起訴されていましたが、昨日28日、府警は逃走前に別の警察署の駐車場にあった捜査車両に放火したなどとして、建造物等以外放火などの容疑で樋口容疑者を再逮捕しました。

 

車内には樋田容疑者がひったくりに使ったとみられる自転車が積まれており、府警は証拠隠滅が目的だったとみています。

 

大阪府警富田林署から逃げ出した樋田淳也容疑者は逃走前の今年5月、羽曳野署の駐車場で捜査車両に火をつけ全焼させた放火などの疑いがあります。

警察によりますと、樋田容疑者は前日の夜、藤井寺市内で自転車を使って女性のかばんをひったくった上で、この犯行を隠そうと乗り捨てた自転車が積まれていた捜査車両に火をつけたとみられます。

 

警察署の近くの防犯カメラに、署の敷地をのぞく樋田容疑者に似た男がうつっていたということです。

警察の取り調べに対し、樋田容疑者は

「内容についてはわかりました。弁護士と相談して答えます」

と話しているということです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ