日南響子の飛び込み自殺未遂事件の真相が悲惨【詳細まとめ】

スポンサーリンク

 

モデルの日南響子さん(24歳)が、11月20日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。かつて報道された自身の自殺未遂についてはじめて語りました。

 

 

日南さんは、新垣結衣さんや藤田ニコルさんなどを輩出した雑誌「ニコラ」のモデルとしてデビュー。

「日南響子 新垣結衣 二コラ」の画像検索結果

 

ガッキー超えの表紙16回を飾り、その後も「non・no」で最年少専属モデルとして佐々木希さんや桐谷美玲さんらとしのぎを削ったが、ある日突然、自殺未遂報道が新聞の一面を飾り世間を騒がせました。

 

当時は、交際していた男性との関係に悩んでいたという日南さん。そんな中、タクシーと接触する事故に遭い、軽傷だったものの、その翌日に「男関係で自殺未遂」とのニュースが流れたそうです。

 

この日放送された内容では、13年に発生したタクシーとの接触事故を境に雑誌から姿を消すことになったと紹介。

「大事故でもなんでもなかったのに意識不明の重体」と報じられた内容を否定。さらに

「付き合っていた方とうまくいかず、警察に行っていた時期があった。言葉の暴力がすごくて。別れるために半年くらいかけて何度か警察に行っていたのと、事故とがくっつけられて…」

スポンサーリンク

と、男性とのトラブルと交通事故とを関連付けての誤った情報だったと説明。

 

「今、初めて人前でお話しています」と初の告白。“自殺未遂”のイメージが付いたことでCMをすべて降板、事務所も辞めてフリーとなった日南さん。その後はヌード写真集を発売したほか、現在は「珠麟(しゅりん)」名義で歌手としても活動。

「そんなに重い話じゃないんですけど。人生はだいぶ変わりました」

という日南の告白に、共演者も驚きの様子でした。

 

というのも、日南さんによると、タクシーとの接触事故を起こして軽症だったものの、当時、交際相手の男性と別れるために、半年間ほど警察に行っていたことと関連付けられ、さらには意識不明と報道され、大騒ぎになってしまったそうです。

 

しかし、彼女は過去に、ツイッターで『ちゃんとマネージメントのできる事務所に移りたい』といった事務所批判ともとれるツイートをしたり、楽屋にこもった日南さんの機嫌待ちで番組収録が遅れたり、出演自体がドタキャンになったこともあったと言われています。

 

当時の所属事務所も相当、日南さんの不安定なメンタルには振り回されていたようですし、こうした疑惑が浮上してしまうのも仕方がない気がしますね。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ