もしもインフルエンザに罹ったら?会社員休みの期間はどれくらい?

スポンサーリンク

 

 

今年もインフルエンザの時期がやってきましたね。すでに予防接種を済ませているという方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、予防接種を受けていてもなお感染する可能性は捨てきれないインフルエンザ。

 

今回は、もしもインフルエンザに罹ってしまった場合、会社はどれくらいの期間休まなくてはならないのか、そして会社への報告や必要な書類の有無などについても考察していきます。

 

インフルエンザの会社員の休み期間は?

一般的に、インフルエンザは発熱などの症状があるのが3〜5日、熱が下がって鎮静化するまでは少なくとも合わせて1週間は時間が必要だとされています。

ですが、発症してすぐに気づいて病院に行く人もいれば、なかなか気づけなくて治りかけの頃にインフルエンザと診断される人もいます。

早め早めに病院にかかって診断されることが一番なわけですが、なかなか仕事が忙しかったり症状が現れなかったりすると難しい部分もありますよね。

そのため、もし会社員がインフルエンザにかかったからといって、一概に『○○日休みなさい』という決まりごとはありません。

多くの場合は、病院でインフルエンザと診断されて、仕事を休むべき期間を指示されたことに対して、本人や会社側が従う場合がほとんどでしょう。

ですが、場合によってはより大事を取るために会社によって休みの期間を指定される場合もあり、その対応は会社それぞれによって異なるといって良いでしょう。

本人は治っていても、家族感染をしている状況だったり、感染しやすい子供がいる家庭の会社員だったりする場合には、休みが長く設けられるケースも多いようですね。

基本的には、発熱してインフルエンザを疑ったその日に病院にかかると、1週間前後の出社停止とされる傾向があります。

あとは、時と場合によって病院側や会社側が臨機応変に対応するという形でしょう。

 

会社への報告方法は?必要なものは?

さて、大切なのは休む際にはインフルエンザによる出社停止であることを会社に伝えることです。

当たり前ですが、病院で医師による診断がなければ、いくら具合が悪くても長期間休むことは難しいですよね。

スポンサーリンク

『インフルエンザかもしれない』と勘ぐった時には、できるだけ早く会社にその旨を電話で良いですので報告して、病院に行きましょう。

はずせない仕事があったとしても、無理に出社をして周囲に移してしまうことが最も迷惑になるということを肝に免じておく必要がありますね。

そして、病院にてインフルエンザの検査をし、もし陰性だった場合には自分の体調と相談をしながらその日だけは休暇をいただくか遅れて出社するかを決めましょう。

その際、出社時には病院でもらった明細を持参して、インフルエンザの検査をして陰性だったことが示せれば会社側も安心して受け入れることができますね。

問題はインフルエンザになってしまった際の対応ですが、検査にて陽性反応があった時点で会社に電話をします。

その際に、医師による休みの期間が提示されていればその旨も伝え、会社側の判断を仰ぎます。

おそらく休み明けで良いから病院での診療明細、もしくはインフルエンザである診断書を持ってくることを指示されるでしょう。

これは会社によっても指示内容が異なりますので、直接聞くのが一番ですね。

また、会社を休むに当たって気になるのはインフルエンザは病休になってしまうかどうかですよね。

ちなみに、学校では多くの場合が公欠扱いになりますよね。

会社員の場合は、それこそ会社側の規定や制度によって異なります。

公欠になる場合もあれば有休消化になってしまう場合もあります。

ただの病休として扱われてしまうことも少なくはなく、その場合の給料の支払いの有無についても会社によっても規定が存在します。

インフルエンザにかかってしまう前に、これらの点についてはあらかじめ確認しておいた方が、いざという時に具合が悪い中困らずに済みますね。

 

 

以上が、インフルエンザによる会社員の休み期間や報告の方法になります。

インフルエンザについては特別法律で定められているわけではなく、あくまでもそれぞれの会社の規定に則る形になっています。

過去にインフルエンザになった同僚に話を聞いたり、上司に質問をしたりしておくと安心ですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ