【感動】浜崎あゆみが多田ヒカルの歌を20周年で歌った理由が深すぎるwww

スポンサーリンク

 

 

『FNS歌謡祭』で久々にテレビ出演した浜崎あゆみさん。全盛期を思わせるビジュアルと歌声に大反響が起きていますね。

 

View this post on Instagram

スポンサーリンク

本日19:00よりFNS📺✨✨✨ ・ よろしくお願い致します🔥🔥🔥🔥🔥 ・ #FNS歌謡祭

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on

 

先日5日、放送の『2018FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に、歌手・浜崎あゆみさんが久々にテレビでのパフォーマンスを披露しました。

 

同期で2001年の歌姫対決とまで言われた宇多田ヒカルさんの名曲を熱唱し、彼女の全盛期を彷彿とさせるステージに多くの反響が寄せられています。

 

浜崎さんはボディーコンシャスのようなミニ丈ドレス、ニーハイブーツといった攻めの衣装に身を包み、ダンサーを引き連れて宇多田さんの名曲『Movin’ on without you』を熱唱。

 

宇多田さんの原曲はこちら↓

番組では「最近ふくよかになった」との声も囁かれていた彼女ですが、番組のステージではシルエットが美しいくびれと、細すぎない美脚を惜しげもなく披露されていました。

浜崎あゆみの現在が激太り&整形のやり過ぎで顔崩壊!劣化を昔と今の画像比較で検証

 

この曲を選曲された理由について浜崎さんのオフィシャルサイトでは

「私的にヒカルちゃんとのリリースタイミングが近かったり等の理由で当時よく耳にしていた、思い出のある「Movin’ on without you」をチョイスさせて頂きました。今でもこの曲を聴くと、あの頃の日々が鮮明に蘇ります」

とコメントしています。

 

同期である浜崎さんと宇多田さんは、ライバルというよりもむしろ“同志”として互いを意識しているみたいですね。だからこそ宇多田さんは初のトリビュートアルバムに浜崎さんを選んだのだろうし、浜崎さんは2人が音楽シーンを走り始めた頃にリリースされた「Movin’ on without you」を選んだのでしょう。

 

また同曲は、当時活動休止中だった宇多田さんへのエールも込められているそうです。海外の大物プロデューサーの起用や、彼女らしさと宇多田さんへの敬意を感じさせるアレンジ。一聴すればわかるその熱量からは、音楽シーンを走り続けるという浜崎さんの意志を感じると同時に、宇多田さんを鼓舞するようにも響いてきます。

 

現在活動を再開し、再び音楽シーンを牽引している宇多田ヒカルさん。浜崎さんが披露する「Movin’ on without you」のパフォーマンスは、彼女にはどう見えるのでしょうか。そんなことを考えると、それだけで胸に迫る思いになりますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ