【ソフトバンク】通信障害の原因について公式コメントがこちら

スポンサーリンク

 

 

Softbank(ソフトバンク)で大規模な通信障害が発生している可能性が今話題となっていますね。

 

通信障害が見られたのは本日6日昼過ぎ。「iPhoneがつながらない」「急に圏外になった」といった声が相次いでいました。また、ソフトバンク回線を使用している「LINEモバイル」「Y!mobile(ワイモバイル)」も影響を受けていたとの情報も上がっています。

 

発表によると、発生は午後1時39分ごろ。午後4時現在、障害は続いており、復旧を急ぐとともに原因を調べている。同社の格安スマホブランド 「ワイモバイル」でも同様の障害が発生しています。

 

現在も、ソフトバンク回線に何かしらの障害が見られ、各地で電波状況が圏外になる状況となっていいます。また一時的に復活したものの3G回線だったりと不安定な状態が続いている。朝から不安定だという声もあがっています。

 

ソフトバンクの障害発生マップによると、東京や大阪を中心に各地で障害が発生している模様。早期の復旧と、原因の究明が求められますね。

「通信障害」の画像検索結果

 

不具合の原因について同社では、「LTEに関わる交換機の不具合のため」としています。障害の詳細について同社広報部に確認したものの、「発表以上の内容はお答えできない」とコメント。

 

なお本日12月6日、全国的にメンテナンス工事を行っており、1時間から11時間ほど「SoftBank 4Gサービスが一時的に中断いたします。」「発着信をはじめ全てのサービスが一時的に中断いたします。」などの案内が出されている。この工事が影響している可能性も考えられますね。

スポンサーリンク

 

ソフトバンクが急に圏外になる現象について対処法。過去の問題について

通信障害中は、私自身もソフトバンクユーザーですが、再起動やネットワークリセット、SIMの抜き差しは試しましたが効果ありませんでした。かなり大規模で起こっていましたので、ワイモバイルユーザーも繋がらない状況にあるようです。

 

現代は通信サービスは私たちの暮らしのさまざまなところで使われておりますので、コンサートなどのチケットシステム、「PayPay」といった決済サービスが利用できなくなったり、110・119などの緊急通報もできなくなります。

もし、またそのようなときがあればWi-Fiの利用をお勧めします。Wi-Fiにつながれば、データ通信はもちろんLINE通話などのIP電話を使用することもできます。コンビニやレストランなど、Wi-Fiが使える場所を把握しておき活用してほしいです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ