paypayの注目のキャンペーンとは?内容は?世間の声は?

スポンサーリンク

 

 

ここ数ヶ月のうちに急激に知名度と利用率が高まり話題となっているキャッシュレス決済の pay pay。

 

先日は、前代未聞のキャンペーンを行ったことで pay pay加盟の家電量販店をパンクさせるほどの騒ぎになったサービスとは、一体何なのでしょうか?

 

これを読めば、きっとみなさんもpay payを利用したくなりますよ。

 

 pay payのキャンペーンの詳細とは?

日本のなかなか進まないキャッシュレス決済機能の普及を目指し、ソフトバンクとヤフーが合弁して作ったのがpay payというキャッシュレス決済の方法です。

 

CMを始め多くのインターネット広告などでも宣伝されてきたのが、今回のキャンペーンなのですが…

 

そのキャンペーンというのが前代未聞で「え?そんなことして儲かるの??」というレベルのものでした。

 

そのキャンペーンとは、『100億円あげちゃうキャンペーン』。

 

具体的に言うと、 買い物をpay payで行うことで、決済金額の20パーセントが後日還元されるというものです。

 

つまり、10万円の買い物をすると2万円もの金額が還元されるということなのです。

 

さらに、40回に1回の確率で会計が全額還元(上限10万円相当まで)されるといいますので、これはもう pay payを利用しない手はないと言えるほどですよね。

 

pay payは、基本的にその時の買い物は金額通り支払う形となります。

 

そして後日、還元分がポイントにて戻ってくるという仕組みになります。

 

そもそもキャッシュレス決済のシステムである pay payは、買い物の時には満額支払いはすると言っても、クレジットカードなどと連携して引き落としとなるため買った時点でお金を払うわけではありません。

 

特にクレジットカードの場合は引き落とされるタイミングが1〜2ヶ月後であることも少なくありませんよね。

スポンサーリンク

 

その決済が来る頃に、 pay payでの買い物の分の還元ポイントが帰ってくるわけですから、支払い金額と還元金額の計算もしやすいですね。

 

 pay payキャンペーンに対する世間の声は?

 

ここ数日、連日のように pay payのキャンペーンによる店舗の繁盛が話題となっていました。

 

pay payでの購入者は、口を揃えてこのタイミングを逃してはいけないと語っていました。

 

「新生活のための買い物を」

 

「最新のiPhoneを」

 

「せっかくなら pay pay加盟店で食事を」

 

などの理由で、キャンペーン開始と同時にお店に向かった消費者からは、かなり好感を持った感想が聞かれました。

 

その一方で、キャッシュレス決済を普段使っていない若者からは「キャンペーン中は pay payを使うと思うけど…」と、その後も使い続けるかどうかは定かではないという声も上がりました。

 

たしかに、手元にある現金をどのようにやりくりするかで生活を成り立たせている人も多く、それが pay payだけではなく全てのキャッシュレス決済の普及にブレーキをかけている理由と言えます。

 

だからこそ、キャッシュレス決済を主体として生活をしている人も、日頃から必ずいくらかはキャッシュを持ち歩かなくては支払いができない社会になっているのでしょうね。

 

pay payの思惑通り、今回のキャンペーンでキャッシュレス決済の良さと楽さを実感することで、今後のキャッシュレス決済の普及が進むことに期待が高まります。

 

 

以上が pay payが今回行ったキャンペーンの詳細についてでした。

 

かなり、お得で利用したいと感じるものでしたね。

 

今後、加盟店や消費者のキャッシュレス決済に対する知識が増えることで、より一層 pay payの利用者が増えていくことになるでしょう。

スポンサーリンク
関連コンテンツ