【東名あおり事故】石橋和歩の謝罪文の内容が終わってる

スポンサーリンク

神奈川県の東名高速道路であおり運転で停車させられたワゴン車がトラックに追突され家族4人が死傷した事故の裁判で、危険運転致死傷などの罪に問われている被告に対し、検察は「何度も割り込むなど執ようで危険な運転だ。常習性が顕著で、法令を順守するつもりが全くない」などと指摘し、懲役23年を求刑しました。

去年6月、神奈川県の東名高速道路で、あおり運転を受けて停車したワゴン車が後続のトラックに追突され、萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)が死亡し、娘2人がけがをしました。

福岡県中間市の無職 石橋和歩被告(26)があおり運転の末に事故を引き起こしたなどとして危険運転致死傷などの罪に問われ、被告の弁護士は、停車したあとに起きた事故に危険運転致死傷罪は適用できないとして、この罪について無罪を主張しています。

10日、横浜地方裁判所で開かれた裁判で、検察は

「何度も割り込みを繰り返すなど執ようで危険な運転だ。常習性が顕著で、法令を順守するつもりが全くない。安全で安心な車社会を実現するためには決して許されない」

スポンサーリンク

「危険運転致死罪に問われた過去の事件に照らすと、その中で重い刑が言い渡された事件に相当する」

などと指摘し、懲役23年を求刑しました。

また事件後、石橋和歩被告は遺族に対して

「お父さんとお母さんを死なせてしまって申し訳ないと思うけれど、この事故がなければ、彼女と結婚する予定でした。自分が支えていきたいので、この事故のことをお許しください」

と謝罪文を書いていたそうです。これには世間も大いに反応していました。

そして、萩山さんの17歳の長女は

「私はキリスト教の学校に行っていて、人を許しなさいと教えられていますが、これについては許せないし、許していいかわかりせん。一番の被害者は両親だと思うからです」

と自身の心境について訴えています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ