paypayとは?使い方の詳細は?

スポンサーリンク

2018年6月に設立されて以来、若者を中心に需要が高まっているpay pay。

最近では、大幅な還元セールにて大きな注目を集めましたが、果たしてpay payとはそもそもどのようなサービスでどのようなシステムなのでしょうか?

今回は主に、pay payの概要について紹介していきます。

pay payってなに?メリットは?

pay payとは、ソフトバンクとヤフーが合弁して、日本のキャッシュレス化を促進するために考案されたサービスです。

スマホを用いて決済をする手法を取っているpay payは、もはや財布を出さなくても買い物や食事をすることができると話題になっています。

仕組みは、pay payに登録した電子マネーやクレジットカードを選択し、それをQRコードで決済する形になります。

そのため、増えてしまいがちな小銭はもちろんのこと、枚数が増えやすいクレジットカードなどももつ必要がなくなるわけですね。

さらに、クレジットカードよりも利用履歴がスマホで確認しやすいこともあり、使いすぎなどのトラブルも防ぐことができます。

キャッシュレス決済の王道であるクレジットカードについての“使いすぎてしまう”マイナスな面を、pay payならある程度は緩和してくれそうですね。

pay payの使い方は?

pay payは、クレジットカードや電子マネーカードと同じく、使う店によって取り扱いがあるかないかが異なります。

スポンサーリンク

もし、pay payを支払いの主体として利用することを考えるなら、あらかじめ自分の行動範囲にある店がpay pay対応店かどうかを確認しておく必要があります。

使い方は簡単で、前項でも軽く触れた通り、アプリをダウンロードしたのち登録したクレジットカードや電子マネーを選択して、QRコードを使って決済する形になります。

通常、単一のクレジットカードや電子マネーカードを持ち歩くと、キャッシュレス決済ではありますが持っているカードでしか支払えないというデメリットがあります。

時と場合によって、持ち歩かなくてもクレジットカードを使い分けたりする必要がないのは最大のメリットですよね。

ただし、特に地方都市ではまだまだpay payを導入している地域が少ないのが現実です。

そのため、pay payだけを利用して生活をするというのは今はまだ難しい現状があり、一応財布は持ち歩いていた方が安心である傾向があります。

さらに、pay pay側がお得なキャンペーンを実施し始めると、首都圏でも店舗側の混乱を招いてしまうことはまだ否めない現状がありますね。

まとめ

以上が、最近かなり注目を集めているpay payについての情報でした。

今後は、便利でメリットの多いキャッシュレス決済方法であるpay payのさらなる普及と世間からの認知に期待が高まりますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ