早見あかりがももクロを脱退した本当の理由がこちら

2019年10月28日

スポンサーリンク

女優の早見あかりさん(23)が、9日に7月から婚約が明らかになっていた30代の一般男性と結婚していたことが、報道各社への直筆の文書により判明しました。

一部報道によると、お相手の男性は180センチ近い長身で、5年ほど前に友人の紹介で知り合ったとか。男性とは4年前から交際が始まり、17年に1度プロポーズをされたものの『今じゃない』と断ったそうです。

その後、計4回のプロポーズを受け、結婚を決めたそうです。

早見さんの結婚に、以前加入していたももクロメンバーは公式サイトで祝福メッセージを掲載。

そこには

「この前、東京ドーム公演に来たときに、そんなことひと言も話してくれなかったね(笑)。新婚生活もお仕事もお互い頑張ろうね。あっ私たちには新婚生活なかった。何より最年長の高城より先に結婚したことが何より幸せだね」

と、自虐的な内容が書かれていたことで、物議を醸しています。

同日、9日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演した速見さんは、ももクロ時代の闇深い活動や脱退の真相を激白。

「自分自身、アイドルに向いてないと思った」という早見さん。 他にも

「ファンが求めている答えを言いたくないひねくれ者だった」

スポンサーリンク

「アイドルとしての正解が頭の中にある。それが分かりつつも、私以外の5人は計算でなく言っているのが見えていたから、余計につらかった」

「自分がうそをついて、おかしいなと思いながら、メンバー5人とかファンの前に立つのは 『これは“なし”なんじゃないか?』と思ってしまったんですよ」

とグループ脱退の理由を打ち明けました。

ももクロは過去、真偽不明ながら、グループ内でのイジメの噂が飛び交ったことがあるためネガティブな意見が多いですが早見さんの口からは出ませんでした。

スポンサーリンク
関連コンテンツ