山本裕典が芸能界から消された理由や解雇された期間の私生活について詳細まとめ

スポンサーリンク

 

俳優の山本裕典さん(30)が、2019年3月に東京・新宿のサンモールスタジオで上演する『となりのホールスター』で主演を務めることが20日、判明しました。

 

山本さんが代表取締役を務める個人事務所の公式サイトで発表されました。2017年3月に前事務所エヴァーグリーン・エンタテイメントとの契約終了して以来、俳優として本格的に活動を再開する事となります。

 

同舞台は、2018年5月に演劇集団イヌッコロが上演した新作の再演。脚本を『

 

恋するアンチヒーロー』(舞台・映画)や『まわれ!無敵のマーダーケース!!』、『ソウガ』(舞台)などを手掛けた、演劇集団イヌッコロの羽仁修さんが務め、演出・キャスティングを『バリスタと恋の黒魔術』(舞台)、ドラマ『ポルノグラファー』『山田くんと7人の魔女』『ロストデイズ』などの柳川由起子さんが担当します。

 

『山田くんと7人の魔女』と言えば原作の漫画を実写した連続ドラマにて山本さんが主演を務めていましたよね。

関連画像

 

主題歌は『特捜戦隊デカレンジャー』(テレビ朝日系)デカグリーン・江成仙一役で俳優デビューし、ソロプロジェクト「LITO」として活動する伊藤陽佑さん(34)。

 

プロデューサーは、舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace』シリーズ、『忍び、恋うつつ』のウネバサミ一輝さん。

 

チケットの発売情報などは、来年発表される予定です。これば、かなりの競争率が予想されますね。

 

山本さんも自身のインスタグラムを通じて

「また、お芝居ができる事嬉しいです。なにより、芝居をしている俺を待ってくれているファンの方々の為にも全力で向き合っていきます」

「是非、ってか必ず劇場に来てください笑笑 待ってます!!」

意気込みをコメント。

 

View this post on Instagram

スポンサーリンク

#撮影 #おわた #久しぶりだから #めちゃくちゃ疲れた #いい感じに撮れてたら #なんの撮影かはまだ秘密 そして皆さんに報告があります。3月に舞台が決まりました。 山田と七人の魔女でお世話になった柳川プロデューサーに声をかけていただき、即決で決めました。 また、お芝居ができる事嬉しいです。なにより、芝居をしている俺を待ってくれているファンの方々の為にも全力で向き合っていきます。 是非、ってか必ず劇場に来てください笑笑 待ってます!!

A post shared by 山本裕典 (@yusuke_yamamoto0119) on

 

ところで、山本さんと言えばモデルや俳優として活躍し「若手イケメン俳優」として数多くのドラマや映画に出演していました。しかし、そんな活躍の中、芸能界から「突然」いなくなった事でファンからは驚きの声も多かったかと思います。

 

2017年3月21日付で所属事務所との契約が終了した山本裕典さん。実際には「解雇」という処分だったと言われています。

 

2017年3月21日付で所属事務所との契約が終了した山本裕典さん。実際には「解雇」という処分だったと言われています。

 

所属事務所は契約解除の理由について「契約内容に違反した為」と発表しています。ですが、ネット上では「女性問題」「副業」などが原因ではないかと言われているようです。

 

芸能人の方が副業する事はよくありますが、山本裕典さんは六本木で「BAR」を経営していたそう。夜な夜な山本裕典さん主催の「パーティー」が行われていたという情報もあるようです。

 

ですが、この「パーティー」は所属事務所に内緒にしていたそう。無断で「BAR」を経営し「パーティー」を開催していた事に、所属事務所が激怒したと言われているようです。

 

そして、2010年頃から熱愛スキャンダルが数多く報じられてきた「女性問題」も解雇理由の一つとされているようです。

 

更に、原因の一つに「女性問題」があったとされています。

 

 

これまで、女優・前田敦子さんや榮倉奈々さんなどの熱愛報道が数多くあった山本裕典さん。ですが、最大のスキャンダルと言われているのが「ベッド写真スキャンダル」です。

 

2014年9月にフライデーで「キャバクラ嬢お持ち帰り」が報じられました。しかも「ベッド写真」という事もあって、大きなニュースになったようです。

 

山本裕典さんは報道後「事実」だと認め、公式ブログで謝罪しています。

 

報道によると、表に出ていない「女性問題」があるとか。公表されていないスキャンダルを含め、女性問題が多かったのも解雇理由の一つと言われているようです。

 

芸能界を引退後は、韓国料理店を経営していたようです。実際には解雇後、いくつかの「大手芸能事務所」から声が掛かっていたとか。

 

そして、2018年6月に「株式会社ワイツー」という個人事務所を立ち上げており、代表取締役兼所属タレントという形だそうです。クラブでDJを務めたり、家族で旅行に行ったりしているとか。

 

こういった経緯を経て2018年12月、平成最後と言われる年に縁あって舞台復帰されるということですね!

 

これをきっかけに再ブレイクが期待されます!

スポンサーリンク
関連コンテンツ