NEWS・小山慶一郎また撮られたか?『news every.』降板まで「半年かかった」理由がこちら

スポンサーリンク

 

12月19日放送の情報番組『news every.』(日本テレビ系)で、NEWS・小山慶一郎さnの降板が発表されました。

 

2010年から同番組でキャスターを務めていた小山さんですが、今年6月、未成年女性との飲酒同席問題が報じられたことを受け、出演見合わせの対応が続いていたものの、復帰はかなわなかったようです。

 

5月末、ネット上に流出した音声データによって、小山さんと同じくNEWS・加藤シゲアキさんに、未成年女性との飲酒同席疑惑が浮上。

 

そして6月7日に発売された『週刊文春』(文藝春秋)により、この疑惑が事実であったと認められました。

 

ジャニーズは同日、小山さんの『活動自粛』と、加藤さんへの『厳重注意・書面による反省』という処分を発表。

 

この日の『every.』冒頭に生出演した小山さんは、

『出演を当面お休みさせていただき、その期間活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめ直す時間にしたい』

と自らコメントしました。

 

その後、小山さんは同27日に活動再開。しかし『every.』は出演休止のまま、半年が過ぎようとしていた矢先に、降板が発表されました。

NEWS小山慶一郎がnews every.活動自粛コメント!強要した女性の“正体”がやばい…【音声アリ】

スポンサーリンク

 

この日は番組の途中で、MCの藤井貴彦アナウンサーが『小山慶一郎さんから視聴者の皆様に宛てたメッセージが届きました』と切り出し、小山さんからの謝罪と、

『番組スタッフの方々、並びに事務所スタッフと話し合い、今回、番組を離れることとなりました』

との報告を代読。『離れる』という言い回しは、わずかに“戻ってくる可能性”を感じさせなくもないですが、業界内では『降板は妥当な判断』とする向きが多いですね。

 

では、降板までにインターバルが置かれた理由は何だったのでしょうか。

 

そもそもジャニーズ側としては、小山さんの傷口を広げたくないとの思いから、早い段階で降板を申し出ていたとか。

 

しかし日テレは、小山さんには反省期間を経て復帰してほしいと希望していたそうです。

 

そんな日テレサイドも、半年にわたり手紙やメールで届く『二度と小山を出さないでほしい』といった意見を目の当たりにして、降板させることにしたのでしょう。

 

小山ファンが『復帰させてほしい』と訴える“復帰運動”も活性化していましたが、ほぼ同じ割合で、反対意見もあったようです。

 

ニュースサイト「週刊女性PRIME」では、日テレ局内で優秀な成績を残した番組に贈られる「日テレアワード」の「団体最優秀賞」に、『news every.』が選ばれたのも、小山さん降板の後押しになったのではと報じられています。

 

かつて「女性セブン」(小学館)のインタビューで、

「“every.”なくしては小山慶一郎はないというくらい、番組の大きさを感じています」

と語っていた小山さん。果たして今後、『every.』に代わる、大きな仕事を見つけることができるのでしょうか。

 

一方で、このタイミングでなぜ?というところから、何かの前兆では、という話もあります。

 

今後の活躍に期待です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ