【タブー】西野カナが必死に隠し続ける父親と本名について【詳細まとめ】

2019年10月28日

スポンサーリンク

 

今世代の歌姫とも言われる西野カナさん(29)。若者に絶大な人気を誇り、その歌詞には多くの共感を得ています。そんな光り輝く人気者の陰には、怪しげな噂が囁かれているんだとか。

 

今回は西野カナさんの本名や、大学が非公開で家族の話となれば母親が主、父親の話はされたことがないことから、タブーともいえる父親の存在と、本名非公開にはなにか関係があるのか調査してきました。

 

西野カナさんは2005年の「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」でなんと応募総数が40000人という中から1人勝ち抜いてデビューが決定したという強運の持ち主なんですね。

 

そして、2008年2月にメジャーデビュー。

「西野カナ デビュー」の画像検索結果

歌うだけではなく楽曲の作詞の多くを担当し、「トリセツ」や「会いたくて会いたくて」などの歌詞が話題になることもありますが、若い女性を中心に支持を集めていますね。

 

 

デビュー当初は本名などが非公開でしたが、卒アルが流出し本名が判明しています。

西野カナ

ちなみに西野カナさんの母校は、三重高校だそうです(同校創立50周年には西野カナさんが凱旋ライブを行いました)。三重高校は、中学・高校とある私立校で偏差値は特進(65)、進学(54)とバラつきがありますが、大学進学率が高い学校とされている校則の厳しい学校だそうです。

スポンサーリンク

 

そんな西野さんの影にはお金持ちの父親がいると噂されます。

とある週刊誌にこんな記事が↓

「西野の父親は中部地方の財界の大物らしく、その父親の口利きでスポンサーがデビュー資金として1億円をポンと出したんです。生まれ持った“才能”の一つではありますが、よけいな詮索を避けるため、西野は本名さえ非公表にしています」

 

しかし、調べてみると西野さんのお父さんは、運送会社の運転手さんで彼女が小さい時に離婚されてます。シングルマザーで彼女は育ちだと言う事ですね。

 

これは昨年暮れに詳細が発表された話ですが、良くヤクザや財閥系との話しがありましたが全く関係ない話しのでっち上げです。

 

彼女はごく普通の生活をされてて彼女の民謡の師匠さんも彼女の経緯は話されてますから真実は公開されてます。一億円払ったと言うのは考えずらい、ごく普通の女の子だと言う事が分かりました。

 

また、お兄さんの情報もネットでは動画サイトの歌い手・赤飯さんではないのかと言う噂がありますよね。

西野カナ

赤飯さんは、2008年頃から動画サイトの歌い手として活動されています。

 

ネットでは二人の兄妹説が出回っているものの、公表されている訳ではなく、決定的な裏付けとなる証拠も現在ありません。ただそんな二人の兄弟説が言われる所以としては、二人とも西野姓・三重県出身、また過去にmixiで関わっていたとか、互いに兄妹と匂わせるような発言があったとも言われます(現在確認できない)。

 

唯一見れるのが、ニコニコ大百科の「西野カナ」ページを最初に作ったのが、「赤飯というおめでたい名前」さんというところでしょうか。

 

イメージが大切な芸能人だからか、複雑なプライベートを晒すよりも……ということなのかもしれませんが、ただ人にはさまざまな家庭事情がありますので、ご本人が公表しない以上は、アーティストとしての西野カナさんを応援したいですね。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ