えべっさんの日程は?お参りや屋台の時間は?

スポンサーリンク

 

 

“商売繁盛”“大漁豊作”“除災招福”の神様として知られるえびす様。そんなありがたい神様が祀られているということで、全国から参拝客が訪れる神社が今宮戎神社です。

 

特に、十日戎とよばれるえべっさんでは毎年100万人もの参拝客が訪れており、神社は大混乱なのだとか。

 

今回は、そんな大人気のえべっさんの2019年の日程や時間などについて紹介していきます。

 

2019年のえべっさんの日程は?

 

2019年1月に行われるえべっさんは、9日、10日、11日の三日間です。

 

水木金と平日に行われるわけですが、訪れる商売人の参拝客からすると週末を避けたこの日取りは逆にありがたいのかもしれませんね。

 

三日間行われるえべっさんの最初の日である9日は俗に“宵えびす”とよばれます。

 

宵えびすは9日の午前0時からお参りが開始されます。

 

そして中日である10日が“本えびす”。

 

最も人が訪れるのはこの日ですね。

 

そして最終日が11日の“残えびす”。

 

翌である12日の午前0時ぴったりまで行われていますので、忙しくてなかなか参拝に訪れることが難しい方でも時間を見て駆けつけられそうです。

 

三日間、参拝客は後を絶たずかなり混雑が予想されています。

 

いずれの日も日中から夕方にかけては人が出回る時間ということもあり、多くの人でごった返しています。

 

あまり混雑していない時間を狙いたい場合には、夜中の2〜3時頃がオススメですね。

スポンサーリンク

 

また、中には『商売人が集まって福を呼び寄せる雰囲気自体が運気が上がる』と考えている方もいます。

 

たしかに、商売人が集まる場所は居るだけでも気持ちが高揚しますよね。

 

そのような雰囲気を味わいたい、成功者にあやかりたいという方は混雑している日中に足を運ぶだけでも楽しいかも知らないですよ。

 

何時までやってるの?お参りや屋台は?

 

えべっさんは、基本的には三日間24時間体制でお参りや福笹の受け取りをすることができます。

 

屋台も店によっては休憩があるかもしれませんが、交代要員がいる屋台なら24時間の販売をしている店も多いですね。

 

9日の午前0時にはじまり、11日の翌0時に終わるまで、参拝をすることができます。

 

ただし、おみくじは夜中はひけなかったり、一番の混雑が予想される本えびすの10日の日中は入場規制が行われたりします。

 

警察による規制が敷かれますので、混雑具合をみてストップがかけられたりすることがあるようですね。

 

ですが基本的にはいつでも入って良いということですので、自分が行きたいタイミングに訪れることは可能です。

 

まとめ

 

以上が、えべっさんの日程や稼働時間などについての情報でした。

 

さすが商売繁盛の神さま。

 

神様も休みなく稼働されるのですね。

 

忙しくてなかなか休みが取れない商売人の方々にも、この配慮は非常にありがたいことでしょう。

 

時間がない方は、ぜひ朝方や夜中の時間帯を狙って訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ