【驚愕】紅白で米津玄師が歌ってた美術館の現在がとんでもないことにwww【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

平成最後の『第69回NHK紅白歌合戦』にたシンガー・ソングライター米津玄師さんが初出場が決まった時にはファンだけではなく数々のユーザーが大いに喜んでいましたね。

 

もともと出場する予定はなかった米津玄師さんですが、徳島での中継ということで出場を決意されたようです。

 

【米津玄師】大物歌手が大激怒ww紅白出場が本番1週間前になっていきなり決まったわけとは?

 

今回紅白に出場しようと思ったのが、米津玄師さんのおじいさまが亡くなった徳島からの中継ということが大きかったようですね。米津玄師さん本人も意味があることだと思われたようですね。

 

 

2018年の紅白歌合戦で歌われたのは、テレビドラマ『アンナチュラル』のために書き下ろした楽曲の『Lemon』です。

 

このLemonの制作中である2017年の12月に米津玄師さんのおじいさまが他界されたとのこと。このLemonの歌詞は、亡くなった人のことを思いやって歌われている歌だったのですね。

 

気になる中継場所ですが、徳島鳴門の大塚美術館で行われました。

「大塚美術館」の画像検索結果

【住所】 〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字 福池65-1

 

徳島県鳴門市の鳴門公園内にある、陶板複製画を中心とした美術館です。恐らく、自分が生まれ育った故郷で歌いたかったのでしょう。

※米津玄師さんは徳島出身です。

スポンサーリンク

 

一方で、「米津玄師」といえばYouTube等で音楽をあげることで有名になりましたが、基本的にはメディアにでて生歌を披露したことはありません。テレビには出演しない、という間違った情報が出回っていますが、過去に何度かテレビには出ています。

 

米津玄師が「NHK紅白」に出たくない本当の理由が悲惨!!

 

ただし、音楽番組ではなく、ニュース番組のインタビューコーナーに出るぐらいです。なので、今回紅白に出ることは貴重であり、生歌もかなり貴重でした。

 

米津玄師MV伝説がとんでもないwwww【経歴まとめ】

 

当初は、米津サイドはなんどもNHK紅白のオファーを断っていましたが、最終的にはNHK側が「徳島からの生中継でどうか?」という特別条件を提示したところ、オッケーされのかもしれませんね。

 

そこで、選んだロケ地が大塚美術館だったと言う訳ですね。

 

現在、そこの美術館は放送前に比べて観覧客が増え人でごった返しているんだとか。

 

rMfvNQq

pmWdNfz

 

米津さんの人気っぷりが目に見えてわかりますね。これからもどんどん活躍していってほしいです。

 

米津玄師が絶対にレコード大賞を獲得できない大人の事情がこちら

スポンサーリンク
関連コンテンツ