ZOZOTOWN前澤社長の学歴は?あれこれ調べてきました!

スポンサーリンク

 

 

現在、日本の長者番付にて14位というかなりの資産家であることでも知られるZOZOTOWNの前澤友作社長ですが、あまり過去については詳しく知られていない傾向があります。

 

現在の前澤社長の活躍ぶりがあまりにも華々しすぎることも理由の1つとして考えられますね。

 

今回は、そんな前澤社長の過去の学歴や経歴について追求していきたいと思います。

 

前澤社長の出身校は?

「前澤社長 子供時代」の画像検索結果

 

1975年11月22日。

 

千葉県鎌ケ谷市にて、現在のZOZOTOWN社長である前澤友作さんは産まれました。

 

実業家である現在からは想像がつかないかもしれませんが、過去にはハードコア・パンクバンドにてドラムを担当していたこともあります。

 

そんな前澤友作社長は実は高卒!

「前澤社長 子供時代」の画像検索結果

早稲田実業高校が最終学歴なのです。

 

早稲田実業高校といえば、早稲田大学の系列高校でもあり偏差値はかなり高くて頭も良いことで知られています。

 

また高校野球でもかなり有名で、出身者には言わずと知れた田中将大投手のライバルでもある斎藤佑樹選手がいますよね。

 

他にも多くのアスリートや著名人を輩出している早稲田実業高校は、勉学だけではなく生徒個人の個性と長所を伸ばしてくれる教育方針だったのでしょうね。

 

まさに現在の前澤社長の生き方を見ているとぴったりな高校だったのではないかと思われます。

 

前澤社長は早稲田実業高校に在学していた当時から、インディーズバンド“Switch Style”を結成してCD化も果たしています。

 

社会人となって長い年月が経つ私でも、自分の曲をCD化するなんて方法は分からないのに

当時の前澤社長はそれを高校生のうちに実現させたのですね。

スポンサーリンク

 

やはり行動力がある方というのは、学生の頃から基盤は変わっていないのでしょう。

 

このような活動にも積極的にバックアップしてくれる高校の教育体制も、前澤社長には嬉しかったでしょうね。

 

最終学歴から現在までの経歴は?

関連画像

 

前澤社長は、前項でも紹介した通り早稲田実業高校在学中にインディーズバンド“Switch Style”を結成しました。

 

その後、1995年にはバンド活動から視野を広げて輸入レコードやCDの通販ビジネスも始めました。

 

そして1998年に、現在のZOZOTOWNの基盤でもある“スタートトゥデイ”を設立。

 

同時にバンドのメジャーデビューも果たします。

関連画像

2000年にはスタートトゥデイが株式上場をし、運営はかなり軌道に乗ってきました。

 

2001年に、惜しまれながらもバンド活動を停止してしまいましたが、解散のその日まで前澤社長は会社運営とバンド活動の二足のわらじを履いて邁進してきました。

 

その後は、みなさんもご存知の通りZOZOTOWNが当時としては異例のファッション通販サイトとして世間に知れ渡るようになり、大きな反響と成果を上げてきました。

 

学生の頃から「やりたいことはやる」「妥協をしない」という考え方があったからこそ、現在成功者として日本のトップに君臨しているのでしょうね。

 

 

以上が、前澤社長の学歴と過去の経歴についてのまとめでした。

 

どれほどすごい大学を出ているのかと思えばなんと高卒だったのですね。

 

それでも日本にこれほどの影響力を与えるような経営者になれるのですから、前澤社長は学歴にとらわれることない成功者の鑑となっているのですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ