前澤友作社長の年収は?何に使っているの?

スポンサーリンク

 

 

日本大手のファッション通販サイト【ZOZOTOWN】を運営していることで知られる前澤友作社長。

 

ここ最近では、月に行くことや将来的にプロ野球球団を作ることなどを目標に掲げていることでも話題性を読んでいますよね。

 

今回はそんな夢多き前澤社長は、一体どれほどの年収を得ているのでしょうか?

 

ここでは、前澤友作社長の推定年収とともに現在に至るまでの経歴についても探っていきます。

 

ZOZOTOWN前澤友作社長の現在の年収は?

 

すでに日本国内で知らない人はいないと言われるほど有名になったファッション通販サイトのZOZOTOWN。

 

ZOZOTOWNがすごいのは、商品やサービスの質が高いことでの評判を呼んでいるだけではなく、前澤友作社長自らが表に立って行動を起こしたり自身のSNSで発信を続けたりしているところです。

 

それ故に、賛否両論はありながらもかなりの知名度を誇り、評判も高くなっているのですね。

 

自らの努力もありZOZOTOWNの利益は常に右肩上がり。

 

さらにすごいことに、ZOZOTOWNは急激に売り上げを上げている一方で影響利益は緩やかに伸びているのです。

 

つまり、ZOZOTOWNの商品やサービスは利益重視ではなく、あくまでもお客様目線の高さにたったものということですね。

 

だからこその信頼と信用を得ている前澤友作社長率いるZOZOTOWNですので、当然、前澤社長の年収はすごいことになっています。

 

アメリカのフォーブス誌によると、前澤友作社長の2017年時点での年収はおおよそ35億円ほどだとか。

 

恐ろしいですね。

 

サラリーマンの生涯収入が1億円にも満たないと言われている昨今、1年間で35億円も稼いでしまうのですからその影響力は計り知れないものがあります。

 

毎年、宝くじが当たっていたとしても前澤友作社長にはかないませんね。

スポンサーリンク

 

年収の使い道は?

 

さて、年間35億円も稼ぐ方は果たしてそのお金を何に使っているのでしょうか?

 

ちなみに、前澤友作社長は自身の【年収35億円】の話については『35億円あっても足りない』と語っています。

 

たしかに、前澤社長の話によく出てくる言葉として“お金は使う人に返ってくる”という言葉があります。

 

その言葉が本当なのであれば、35億円の年収を稼ぐためにはそれ相応、もしくはそれ以上の出費をしている可能性がありますね。

 

例えば、お得意様との交流や接待、自らの身なりにもかなり気を使う必要があります。

 

さらに、自身のSNSで話題性を呼ぶことで知名度と認知度を上げている前澤友作社長の場合、車や自宅のインテリアなどにもかなり気を遣わなくてはならない可能性も高いです。

 

そしてきわめつけは、月へ行く話や球団を持ちたいという夢についてですね。

 

たしかに、ほぼ現実化している月へ行く話を含めてこれらの夢を実現するためには億では足りないほどの資金が必要です。

 

となると、年収35億円でも足りないという話にも納得がいきます。

 

必要な時には使うこともあるかもしれませんが、現在の前澤社長は将来の大きな野望に向けて貯蓄をしている可能性も高そうですね。

 

まとめ

 

以上が、前澤友作社長の推定の年収と使い道についてでした。

 

かなりダイナミックな使い道がある様子ですね。

 

賛否両論あるとは思いますが、ZOZOTOWNの商品やサービスについては安心と信頼をおける素晴らしいものがあります。

 

日本人はなかなか抱かないかなり大きな野望を持っている前澤友作社長については、今後も応援したいところですし次に何をするのかという興味も強くありますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ