活動を再開する有安杏果って、どんな音楽やってたの?再始動第1弾ライブ公演について【情報詳細まとめ】

スポンサーリンク

 

 

昨年1月21日のライブでアイドルグループ、ももいろクローバーZを卒業し、芸能界を引退した有安杏果さん(23)が、1年前に引退を発表した15日に、自身のツイッターで1年ぶりの活動再開を発表しました。

 

実際のツイートがこちら↓

「私、有安杏果は2019年、音楽活動や写真活動などを通して表現し伝えていく活動を始めます」

 

実際に見ていませんが、ももクロ卒業時と、今回の文字を比べてみると、文字のサイズが大きい傾向があるように思います。

 

卒業前の文章↓

 

今回の文章↓

 

もしかすると、今の方が自分に自信があるのかもしれませんね。

 

【ももクロ不仲説】いじめ暴露!実はドロドロ...有安杏果がやめて現在とんでもないことにwww

【衝撃】ももクロ有安杏果、卒業の本当の理由・・・なぜ今?電撃引退の背景には何が?

 

有安さんは、その後、ツイッターを更新し、

「はじめの一歩として音楽活動でスタートします♪ 東京と大阪のライブハウスでやります」

と、活動再開の第1弾は音楽活動から始めることを発表しています。

 

「有安杏果 サクライブ2019 Another story」と題し、3月24日に東京・EX THEATER ROPPONGI、同27日に大阪・なんばHatchでライブを行う予定です。詳細は後日発表するとのことです。

 

 

有安さんは、自ら作詞作曲をする他、ライブではギター、ドラム、キーボードを演奏します。ももクロ卒業前に開催した最後のソロコンサート武道館公演の映像をご覧頂けると圧倒的なステージがより実感できるかと思います。

 

また、大学では写真学科を専攻していた事から、ライブ演出では楽曲に合わせ写真作品を投影するなどの取り組みもされていました。一昨年発売の1stアルバム「ココロノオト」には、本人作詞作曲の他、楽曲提供に数々の著名人の名前が記載されていました。

 

 

有安さんは

「自分の意思で判断し、自分を信じて自立した行動ができるようになりたいと思い、個人事務所で自分のペースで、表現活動をやっていきたいと思います」

と個人事務所の設立も、併せて発表しています。

 

これからが楽しみですね!

スポンサーリンク
関連コンテンツ