滝沢秀明 新会社社長「ジャニーズアイランド」の実態がこちら

スポンサーリンク

 

 

昨年末に芸能界を引退しプロデュース業に専念した滝沢秀明さん(36)が、新会社『ジャニーズアイランド』の社長に就任したことが17日、判明しました。

 

ジャニーズ事務所の関連会社となり、会長はジャニー喜多川さんが務めるそうです。

【ジャニーズ】滝沢秀明による「50歳定年制徹底」で消される可能性のある人物がこちら

 

まず、自身が演出を務める第1弾、新橋演舞場4・5月公演『滝沢歌舞伎 ZERO』に出演するジャニーズJr.の人気ユニット・Snow Man(スノーマン:岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)に、関西ジャニーズJr.の向井康二、宇宙Sixの目黒蓮(兼任)、そして大抜てきとなるジャニーズJr.の村上真都(まいと)ラウールの3人を加入させ、グループ改編を行うことを発表。

 

また、3月に横浜アリーナで開催するSnow Man、SixTONES(ストーンズ)、Travis Japanの単独コンサートのプロデュースを手がけることも決定。

SixTONESがデビューできない理由がやばいwwwww

 

自身が出演しないコンサートの演出を手がけるのはこれが初めてのことですね。また、Snow Manの新体制は3月24日公演でお披露目となる予定だそうです。

スポンサーリンク

 

一方で、滝沢秀明さんは2018年いっぱいで引退表明して表舞台から裏方にまわると言われていましたが新会社社長になったのはビックリですね。

 

てっきりジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんのアシスタント的な役割だと思ったら、ジャニーズは新しい新会社を立ち上げたのですね。

 

その新会社の名前が「ジャニーズアイランド社」でもうすでに滝沢秀明さんは名刺を配っているらしいです。

 

いったいどんな新会社なのか調べてみるとジャニーズ事務所の関連会社として300人いるジャニーズJr.のメンバーを育成・プロデュースするようですね。

 

そしてジャニーズ事務所の新人メンバーも探していくようです。ジャニーズ予備軍に300人もいるとは驚きですし滝沢秀明新社長も同じジャニーズジュニアから這い上がってきたのでそのメンバーの気持ちが分かるのでまとめていきそうな感じがします。

 

 

今後の滝沢秀明社長と新会社ジャニーズアイランドには注目ですね。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ