【最年長ジャニーズJr.】佐野瑞樹がジャニーズ事務所を退所した理由が闇過ぎるwww

スポンサーリンク

 

 

ジャニーズ事務所は18日、「Johnny’s net」を通じて俳優・佐野瑞樹さん(45)との契約が2018年12月31日をもって満了となったことを報告するとともに、佐野が退所したことを発表しました。

 

サイトでは

「この度、佐野瑞樹は、2018年12月31日をもちまして契約満了につき、ジャニーズ事務所を退所いたしましたことをご報告申し上げます」

「今まで応援してくださいましたファンの皆様、そして、ご支援いただきました関係者の皆様に心より感謝申し上げます。皆様のおかげでこれまで活動させていただくことができました」

「新たな道を進むことになりました佐野瑞樹をこれからも温かく見守っていただけましたら幸いでございます」

「改めまして、今まで佐野瑞樹に温かいご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございました」

と感謝の言葉とともにコメント。

 

佐野瑞樹さんは、1991年にジャニーズ事務所に入所をしており、1995年にはV6の坂本昌行さん長野博さんらとともにジャニーズSr.として活躍。

1996年まで光GENJI・SMAP・V6・KinKi Kidsのなどの有名どこのバックダンサーを勤めたことでも知られております。

関連画像

 

弟には、俳優の佐野大樹さんがいらっしゃるということで、2011年には兄弟プロデュースユニット・WBB(WATER BIG BROTHERS)を結成しておりますが、グループに所属したりCDデビューなどはしておらず、ジャニーズ事務所とタレント契約を結んでいるジャニーズJr.の最年長という立場で活動をしていたそうです。

 

「佐野大樹」の画像検索結果

 

主に舞台俳優などの、役者として芸能活動を続けてきており、2013年9月26日に佐野瑞樹さんが、40歳の誕生日を迎えた際には「40代のジャニーズJr.誕生」とインターネット上で話題となるなど、40代なのにジャニーズJr.という異色の経歴を持っていることでも知られております。

スポンサーリンク

 

 

2015年10月15日にはその人気ぶりから、所属事務所サイト「Johnny’s net」にてジャニーズJr.から独立して単独ページが設置されるほどの話題性がありましたが、佐野さん曰く20代から役者として活動してきただけに、あまりJr.という意識はないのだといいます。

 

テレビドラマでは「金田一少年の事件簿」で真壁誠役を演じたほか、「味いちもんめ」では祐介役を演じるなど、渋い演技が持ち味の役者さんとして認識されております。

 

しかし、公式の発表に関して詳しい退所の理由については明言されておらず、なぜ退所をしたのか明らかとなっておりません。

 

SNS上では様々な憶測が一人歩き状態となっています。

 

【ジャニーズ】滝沢秀明による「50歳定年制徹底」で消される可能性のある人物がこちら

【最年長ジャニーズJr.】佐野瑞樹が人気があったにもかかわらずデビューできなかった理由が…

スポンサーリンク
関連コンテンツ