【豚コレラ】人に感染しないのに豚が殺処分される理由がやばい!感染が拡大した原因について

スポンサーリンク

 

農林水産省は6日、愛知県の養豚場の豚で家畜伝染病「豚コレラ」の感染が確認されたと発表しました。

 

 

さらに、この養豚場から出荷した長野、滋賀、岐阜、大阪の4府県の養豚場の子豚からも陽性反応が出たとのことです。

 

豚コレラは昨年9月、国内では26年ぶりに岐阜県内で感染が確認されましたが、岐阜県以外の養豚場での確認は初めてです。

 

農水省は6日早朝、対策本部の会議を開催。吉川貴盛農相は豚コレラの感染拡大について、

「きわめて重大な局面を迎えている。何としてもこれ以上の感染拡大を防がなければならない。農水省が前面に出て対策を徹底したい」

とコメントしています。

 

農水省によると、愛知県豊田市の養豚場は今年1~2月、長野、滋賀、岐阜、三重、大阪の5府県の養豚場に子豚を出荷。出荷先を調べたところ、豚コレラの症状が複数確認されたため、三重県以外の養豚場で飼育する全7600頭の殺処分を始めました。現時点では周辺の養豚場や野生イノシシへの感染は確認されていません。

 

また、農水省は6日、小里泰弘副農相と家畜伝染病の専門家を岐阜、愛知両県に派遣。両県内のすべての養豚場に対して消毒や野生イノシシの侵入防止など、飼養衛生管理基準の徹底を指示した。愛知県豊田市にウイルスが侵入した経路も調べています。

スポンサーリンク

 

豚コレラは昨年9月以降、岐阜県内の養豚場で7例の感染が確認されたほか、野生イノシシの感染も多数確認されています。これで計約2万6000頭の豚が殺処分されることになります。愛知県内では同12月に野生イノシシに感染が拡大したが、豚で感染が確認されたのは初めてです。

 

豚コレラは、豚やイノシシが感染する伝染病です。強い感染力と高い致死率が特徴ですが、人には感染せず、肉を食べても人体に影響はありません。ではなぜ殺処分されてしまうのでしょうか?

 

一時期大流行した鳥インフルエンザは皆さんご存知でしょうか?鳥インフルエンザも同様、人には感染しないと言われています。

 

鳥インフルエンザウイルス感染症とは、通常は鳥に感染性を示すインフルエンザによって引き起こされる感染症を指します。

 

鳥インフルエンザウイルスは、家禽かきんとして飼われる鶏や野鳥の間で流行して病原性を示すことがあります。基本的にはヒトへの感染性はない鳥インフルエンザウイルスですが、排泄物に触れる、死体に接触する、鳥の毛をむしるなど濃厚接触をするとヒトへ感染し病気を引き起こすことがあります。

 

こういった経緯で誰かが感染し多くの人に拡大してしまったのでしょう。

 

つまり、豚コレラも鳥インフルエンザもそのままでは人に感染しません。では何故大急ぎで殺処分するのか?食用としての鶏や豚を保護する意味もありますが、1番怖いのは突然変異で人に感染する可能性がゼロではないからと言うことです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ