歯科衛生士が絶対おススメしない歯磨き粉は?使い方にも注意が必要?

スポンサーリンク

 

 

歯磨き粉を選ぶ際に、皆さんは何を基準にメーカーを選んでいますか?

 

昔から使っていたものだから。CMで知ったから。

 

理由は様々あるかと思いますが、実は歯磨き粉の中には口内環境を整えるプロでもある歯科衛生士が絶対にオススメをしないという商品もあるのです。

 

そこで、今回は歯科衛生士がオススメしないという歯磨き粉の種類や理由などについて探っていきます。

 

歯科衛生士が絶対におススメしない歯磨き粉はなに?理由は?

 

毎日、何人もの患者の口腔内を見ている歯科衛生士。

 

実は時には、患者が何の歯磨き粉を使っているか当てられることもあるのだと言います。

 

その歯磨き粉のメーカーが“クリアクリーン”。

 

クリアクリーンには、歯茎の間まで磨けるように細かい粒子を固めたツブツブがあります。

 

一種の研磨剤なのですが、患者によってはこのツブツブが分解することも流し切ることもできずに歯と歯茎の間に溜まってしまっている方も多いのだそう。

 

 

そんな口腔内を見た歯科衛生士は、すぐに『この人はクリアクリーンを使っている』とわかるのだといいます。

 

残っているのは歯磨き粉の一部ですので問題はないように感じますが、実はこのツブツブは長期にわたりたまり続けてしまうと歯茎が炎症を起こしてしまうこともあるのです。

 

そうすると、歯周病や歯肉炎を起こしてしまうことにもつながってしまいます。

 

歯磨き粉を上手に使うためには?

 

クリアクリーンに限らず全ての歯磨き粉に対していうことができることですが、大切なことは最後のうがいの際にしっかりと全ての歯磨き粉が流れているかどうかというところです。

 

けっして、クリアクリーンの品質自体が悪いといっているわけではありません。

 

ただし、クリアクリーンのように研磨剤粒子を固めているような歯磨き粉の場合、まずはその粒子を細かく砕く必要があります。

スポンサーリンク

 

通常はハミガキをしている中でどんどんと粒子が細かくなっていくのですが、ハミガキをしている人の半数以上は歯磨き粉をつけすぎていると言われているのです。

 

つまり、最初につける歯磨き粉の量が多すぎるためにツブツブが砕かれ切ることができずに歯と歯茎の間に残ってしまうということです。

 

クリアクリーンの場合は、ほかの歯磨き粉に比べて少量で磨くように心がけると、一般人でも上手にクリアクリーンの歯磨き粉を使うことができるでしょう。

 

「歯」の画像検索結果

 

 

歯科衛生士は、クリアクリーンの歯磨き粉についての知識が少ない消費者が使い方を間違ってしまうと、歯茎に負担をかけるという理由でクリアクリーンはあまりオススメしないと話しています。

 

ただし、使い方さえ分ったなら品質自体に問題があるわけではありませんので、粒子がたまらない程度に上手に磨くことでハミガキの一定の効果を期待することはできるでしょう。

 

歯医者に行かなくてもいい?自宅でもできる虫歯対策キットとは?

 

自宅でできるホワイトニングとは?おすすめは?

やめた方がいい歯医者の見分けかたは?どんな病院が危険?

スポンサーリンク
関連コンテンツ