やめた方がいい歯医者の見分けかたは?どんな病院が危険?

スポンサーリンク

 

 

同業者から見ると『あそこは絶対に行きたくない』というような歯医者でも、一般人からしたら歯のプロである歯医者。

 

なかなか見抜くことは難しいですよね?

 

そこで、今回は入る前もしくは一度入っただけでわかるやめたほうがいい歯医者の見分け方について説明をしていきたいと思います。

 

すぐに抜歯したりインプラントなどの私費治療を勧めてきたりする歯医者は要注意!

 

「歯医者」の画像検索結果

 

皆さんは歯医者に『虫歯ですね。抜きましょう』と言われた経験はありませんか?

 

実はその言葉、同業者同士ではぜったにやめた方がいいと言われる歯医者がよくいう言葉なのです。

 

もちろん、本当にそうしなくては手遅れになってしまうほど酷い状態の歯もあります。

 

ですが、優良な歯医者はできるだけその人の歯を残すために外側は削ったとしても神経だけは残して被せ物をしたり、虫歯の部分だけを削って詰め物をしたりするものです。

 

にもかかわらず、すぐに抜歯をしてしまってなおかつ、インプラントなんて勧めてくるような歯医者は点数を短期間に稼ぐためにそのような治療法を選んでいる可能性も高いです。

 

インプラントやホワイトニングは私費治療となりますので、患者から希望を言うことはあっても歯医者側から強く勧めるようなことはありません。

 

むしろ、既存の歯を大切にする方針である歯医者の場合、健康な歯を抜いてまでつけるインプラントなどには反対をすることもあるほどです。

 

初診で訪れたその日に、『オススメのホワイトニングが〜』とか『この歯はさっさと抜いてしまったほうが〜』なんていう歯医者がいる場合には注意が必要です。

 

ただし、親知らずの虫歯に関しては、根っこが元からなかったり歯が柔らかいことから詰め物が馴染みにくかったりなどの理由から虫歯になるとすぐに抜く場合が多いです。

 

その場合には歯医者さんのいう通りに早めに抜いてしまったほうが良いでしょうね。

 

治療時の上手い断り方は?

 

評判などによってその歯医者がオススメではないという情報をあらかじめ得ている場合には、そもそも行かなければ点数稼ぎの治療をされるリスクもありませんよね?

 

しかし、もしも初めて心理を受けた日に『あれ?この歯医者おかしいな?』とは思いつつ、先生から「歯を抜きますよ」と言われたから了承するしかなかったという方もいるのではないでしょうか?

 

皆さんもご存知の通り子供の歯から生え変わった永久歯はその名の通り永久の歯ですので、生え変わってくることはもうありません。

スポンサーリンク

 

そんな貴重な歯ですので、抜歯をすることに納得ができない場合には思い切って治療を断る勇気も必要です。

 

断る際の謳い文句としては『抜かない方法を考えたい』というシンプルな理由で良いです。

 

その場でほかの治療法を提案してくれる歯医者なら素直に話を聞いてみても良いですし、すでに信頼ができないと判断したならほかの歯医者を探しても良いでしょう。

 

また、そこの歯医者では抜くしかないと言われた場合には、それ以上何の治療も受けないうちに中断をしてもらい帰ると良いです。

 

その場の診察費用はかかってしまいますが、一生を共にする永久歯のことは守ることができます。

 

ただし、すでに歯の原型がないほど虫歯が進行しているような場合には即抜歯の必要もあります。

 

そのようなケースでは素直に歯医者の話を聞いた上で納得をし、早期の治療をすることをおすすめします。

 

 

以上が良い歯医者とオススメできない歯医者の見分け方になります。

 

私たちは、ただただ診察を受けて治療をする流れに流されることなく、明らかに点数稼ぎの余分な治療や必要のない治療をしていないかどうかを見極める必要があるのですね。

 

自宅でできるホワイトニングとは?おすすめは?

歯医者に行かなくてもいい?自宅でもできる虫歯対策キットとは?

歯科衛生士が絶対おススメしない歯磨き粉は?使い方にも注意が必要?

スポンサーリンク
関連コンテンツ