たむらけんじに理不尽な批判をしてTwitterが炎上したラーメン店「麺屋いさむ」の現在がこちら

スポンサーリンク

 

 

1月22日、大阪市内にあるラーメン店の公式Twitterが、来店したお笑い芸人のたむらけんじさんと従業員が写った写真をアップ。そこで、「マイク、カメラなかったらおもろ無い奴でした」と投稿(すでにツイートは削除済みです)し大炎上。

 

たむらさんはこのコメントに関して4日、

「えっ?うそでしょ? 気持ち良く写真も撮らせていただいたお店にこんな事言われる事あんの? ちょっとびっくりなんやけど」

と反応。

 

店側は6日にようやく

「ツイッターを含め各種SNSの更新は全て私が行っており、社長の私に全て責任がございます」

「この度は、私の軽率な言動ならび行動によりたむらけんじさんに不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます」

と謝罪しましたが、炎上が収まることはありませんでした。

 

 

なにより謝罪をするまでの店側の対応は一般人の罵倒リプに対して、“もっともやして~”や“きもいねん”などと、かなり攻撃的な返信をしていたため、ネットユーザーの怒りは収まらなかったようですね。

 

騒動になる前にも、飲食店の口コミサイトで低評価をした人物に対して罵倒を浴びせるコメントもしていたようですし、匿名で個人でやるようなことを店のオフィシャルSNSでやるなんて、客商売としてはよくないことは目に見えて分かります。

 

更に、真偽のほどは別として、社長の行動や情報については、SNSで暴露され続けています。

 

もともとバイトで働いていたという人物が、社長とのLINEのやりとりや会話をメモしたものを公開。

 

また、社長のフルネーム、顔写真、携帯電話の番号などがすべて特定され、拡散され続けています。ネットで公開されているものばかりなので、仕方のないことかもしれませんが、さすがに“やりすぎ”という声もありますね。

 

現在、ラーメン店には無言電話が鳴りまくり、店への電話は1日1000件を超えているそうです。こうした現状に店主は「原因を作ったのは僕かもしれないけど。電話は違うんじゃないかなと判断しています」とした上で「軽率な行動を取った私が悪いです」と反省。

 

最近では、くら寿司の店員やすき家の店員などが不適切投稿をアップし、大きな話題を呼んでいますが、彼らもまたフルネーム、通っている学校、彼女とのツーショットなどがネットで拡散されています。

 

改めてネットの怖さを痛感します。

 

くら寿司で不適切動画を投稿して特定されたバイトの現在が悲惨【動画あり】

スポンサーリンク
関連コンテンツ