年商130億イケメン『青汁王子』こと三崎優太とは何者!?脱税について

スポンサーリンク

 

 

青汁などを扱う健康食品販売会社の社長が、法人税などを脱税した疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

 

 

東京・渋谷区の健康食品会社「メディアハーツ」の社長・三崎優太容疑者は、一昨年までに法人税と消費税あわせて約1億8000万円を脱税した疑いが持たれています。また、会社の経理責任者である内藤由美子容疑者と別の会社の役員である加藤豪容疑者も、脱税を手助けした疑いで逮捕されたとのことです。

 

東京地検は12日午前、メディアハーツの本社を家宅捜索に入り、資料を押収するなどして実態解明を進めているとみられます。

 

メディアハーツは2007年に設立。青汁などの健康食品を販売して急成長した会社で、従業員は約30人、年商は130億円を誇る大きな会社です。三崎容疑者は18歳で起業し、現在は29歳。「青汁王子」として、AbemaTVをはじめ度々メディアや公演にも出演していました。

 

1月、SNSでは代表取締役を務める会社の第1四半期の売上を発表し、新規事業への意気込みを語っていた三崎容疑者。

 

また、6日のツイートでは、ネットオークションで8億8000万円のストラディバリウスが出品されたことにと購入意欲を見せていました。

 

馬を4頭保有し、3000万円の車に乗っている三崎容疑者。世界各国を旅する様子なども発信し、ブランド品を大量購入するなど豪華な生活を満喫する姿を見せていました。

 

お金周りは相当よかったみたいですね。

 

青汁王子の由来はどうやら、AbemaTVの番組に出演した際に、「全日本パリピ飲み会選手権 神風永遠永遠に勝ったら300万円」に出演し、紹介コールが元になって出来た異名みたいです。

 

 

札幌の高校を2度中退しており、そのときに書店で出会ったアフィリエイト(ネットの広告収入)の本をきっかけに、ゲームの攻略サイトを制作。おそらくスターウォーズギャラクシーズではないかと思われます。

 

 

このゲーム攻略サイトがヒットし、半年後には月収400万円を達成!税金を節約するために立ち上げたのが「株式会社メディアハーツ」と言う訳ですね!

 

現在の年商はなんと130億円とか!?青汁王子の年収は10億円と本人が公言していました。

 

身につけているアクセサリーも総額1000万円を軽く超えてます。さすがイケイケ社長ですね。

 

そんなメディアハーツの主力商品は「すっきりフルーツ青汁」です。今までは「苦くてお年寄りが健康のためにイヤイヤ飲むもの」と考えられていた青汁を「若者向けにしたら売れるんじゃ?」と閃いて発売したら驚きの大ヒット。

 

なんと1秒に5杯飲まれる青汁になっているそうです。青汁王子が本気で作った「すっきりフルーツ青汁」。

 

「すっきりフルーツ青汁」の画像検索結果

 

置き換えダイエットやファスティングダイエットにめちゃめちゃ効果があります。そんなすっきりフルーツ青汁が、初回限定なんと630円で買えちゃう!と言うのがうたい文句で瞬く間に会社が大きく成長しました。

 

今後、この会社はどのようになるのか注目ですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ