邦楽ロックに絶大な影響を与えた’97世代バンド「ナンバーガール」の解散や活動休止後、復活理由について徹底調査

スポンサーリンク

 

向井さん率いるNUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成し、8月16日と17日に開催される野外ロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」に出演することを発表しました。

 

これはバンドマンには激震が走ったのではないでしょうか?

 

しかも向井さんからRISING SUN ROCK FESTIVAL復活したいとのこと。今後のNUMBER GIRLの活動やメンバーやツアー情報が気になりますね

 

2002年11月の北海道・札幌PENNY LANE24公演をもって解散したNUMBER GIRL。今回の再結成発表に際し、向井秀徳さん(Vo, G)は

「2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と。あと、稼ぎてえ、とも考えた」

「できれば何発かヤりたい」

とコメントしています。

 

今後の活動については随時バンドのオフィシャルサイトやSNSで発表されるとのことです。

 

NUMBER GIRL(ナンバーガール)の活動期間は1995年 – 2002年の7年間ですね。

 

スポンサーリンク

 

オルタナティブロックでメンバーは 向井秀徳さん(ボーカル・ギター)田渕ひさ子さん(ギター)中尾憲太郎さん(ベース)アヒト・イナザワさん(ドラムス)です。

 

「NUMBER GIRL」の画像検索結果

ピクシーズなどのバンドに影響を受けたバンドですね。

 

2002年の解散はベースの中尾さんが音楽性の違いからやめたいということで脱退を希望し、メンバーで話した結果4人でナンバーガールだよねってなり、解散を発表したそうです。

 

当時は、人気が高かったのでチケットも即完売でしたね。チケットが高値で売り買いされることも有りました。

 

それから各々で各活動されて向井さんで言えばナンバーガールでの活動が目立ちましたね。それから17年。

 

ボーカルの向井秀徳さんは何本かライブをやりたいということを言っているので、きっとツアーもありますね。詳細については随時公式SNSで発信されるようなので、要チェックしていたいと思います。

 

もしかして新曲もやったりして、なんて期待も持っておきたいものですね。またあの熱気が感じられるのが待ち遠しいですね!

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ