花粉症の症状は?風邪との違いは?

スポンサーリンク

 

 

春先に入るこの時期、微妙に体調が優れないけれど風邪か花粉症か分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

特に花粉症にはなったことがないという方は、その症状を風邪と勘違いして悪化させてしまう可能性もあります。

 

そこで、今回は花粉症の具体的な症状をまとめた上で、風邪との大きな違いや見分ける際のポイントについてまとめていきます。

 

風邪と花粉症の違いは?

「花粉 イラスト」の画像検索結果

 

『この鼻水は風邪?花粉症?』

 

まだ肌寒い春先であるこの時期、花粉症になった可能性もあるし寒くて風邪をひいた可能性もあるということで非常に症状を見分けるのが難しいと感じますよね。

 

そこで、花粉症と風邪の主な症状を例に挙げて違いをまとめていきたいと思います。

 

まず、どちらにも症状が出ることで悩む鼻水についてです。

 

風邪の場合、多くの方は粘りのある鼻水が出るかと思います。

 

時には濃い黄色や緑色の鼻水が出ることもあり、かなり固形に近い形で出る傾向があります。

 

逆に花粉症の方の鼻水は水っぽくて放っておくと垂れてきてしまうほど粘度がありません。

 

次に目のかゆみですが、こちらは花粉症の場合はあり、風邪の場合はありません。

 

花粉症でもなく目のかゆみがある場合に、アレルギー性結膜炎などが疑われますので、眼科への受診をおすすめします。

 

花粉症と風邪はいずれも発熱を伴う可能性があります。

 

どちらも菌が体の中に入ったことで症状が出ますので、その菌と体の中の抗体が戦う過程で熱が出ます。

 

風邪の場合ははっきりとした発熱。

 

花粉症の場合には微熱で気づかない程度であることも少なくありません。

 

たしかに、風邪と花粉症は症状が似ている部分が非常に多いですね。

 

見分けることが難しい場合には、病院に行って検査をしてもらうことで花粉症か風邪かを判断してもらうことができます。

スポンサーリンク

 

花粉症を疑うポイントは?

 

風邪か花粉症か迷った時、一番わかりやすいポイントとなるのは食欲の有無と症状が出るタイミングです。

 

花粉症は強い発熱をするわけでも喉が腫れるわけでもありませんので、食欲が減退することはほぼありません。

 

鼻づまりで味が分からなくなることはありますが、しっかりとお腹は空きます。

 

風邪の場合には、熱が出たり喉が腫れたりすると水分すら取りたくないこともありますよね?

 

食欲の有無は花粉症かどうかを判断する良いチェックポイントとなります。

 

また、症状が出るタイミングですが風邪の場合は引いている間は常に具合が悪く鼻水や咳も出続けますよね。

 

一方、花粉症の場合には晴れた日中に症状が出やすいです。

 

雨の日や夜になると症状が緩和される場合には花粉症である可能性が高いでしょう。

 

まとめ

 

以上が、花粉症の具体的な症状と風邪との違いについてでした。

 

花粉症は放っておくとひどくなってしまいやすいですので、早めに風邪との違いを見つけて治療をすることが大切です。

 

花粉症には注射が有効!?主なふた種類の注射の情報を詳しく!

今からでもできる!花粉症の簡単な対策と得られる効果は?

スポンサーリンク
関連コンテンツ