花粉症に効く薬とは?処方される薬の種類は?

スポンサーリンク

 

 

そろそろ、花粉症の季節がやってきましたね。

 

花粉に敏感な方ですと、すでに症状が出始めている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは花粉症に有効な薬の種類について、症状別に紹介をしていきたいと思います。

 

酷い花粉症に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

花粉症に効く内服薬は?

 

花粉症に悩む方の中には、マスクをしたり目薬をさしたりして症状を緩和させようとする方も多いですよね。

 

しかし、症状が重い方や花粉症体質になってしまっている方は、いくら外的な予防をしたとしても体内に花粉が入り込んでしまっている可能性があります。

 

そうなってしまうと、しっかりと花粉を落とした上で入った自宅の中でも咳や鼻水が止まらなかったり目が赤くなったりしてしまいます。

 

そのような方には、内服薬がオススメですね。

 

鼻水やくしゃみなど、主に花粉を外に出そうとする症状が多い方には抗ヒスタミン剤が効果的です。

 

アレグラやディレグラという薬が、くしゃみなどの症状を緩和させてくれます。

 

また、鼻づまりや気管支系統に症状が出るような、花粉を体内にとどめてしまうタイプの方には抗ロイコトリエン剤がよく効きます。

 

他にも漢方薬や症状が出た時だけ飲む頓服薬などがありますが、いずれもその人の症状によって使い方や使用量は異なります。

 

内服薬は基本的に病院で処方される薬が多いですので、医師の指示に従った方法で服薬しましょう。

スポンサーリンク

 

市販の花粉症の薬は、裏目に対象の症状が書かれていますし服薬量も年齢などによってしっかりと記載されています。

 

書かれている量を守って飲むことが、花粉症を和らげる一番の近道ですよ。

 

花粉症に効く外用薬は?

 

花粉症には鼻水や咳、気管支系統に支障が出る症状もあれば、目の粘膜を攻撃されてしまう症状もあります。

 

人によって、くしゃみや鼻水は酷いが目は特に何も起きないという方やその逆の方など、それぞれに症状がありますので一概に“花粉症だから”と言って薬を決めることはできません。

 

ただし、目に支障がでるタイプの花粉症の方には、やはり点眼液が一番効果的ですね。

 

目はほとんどが粘膜ですので花粉も入りやすいですし、アレルギー反応が早く出やすい場所でもあります。

 

悪化してしまうと目がゼリー状に柔らかくなってしまったり真っ赤になって腫れ上がったりしてしまうこともあり、こうなる前に対処が必要です。

 

目薬をさすと、花粉症の症状を和らげるだけではなく普段から花粉をバリアする役割も果たします。

 

潤った目だと、花粉も付着しにくくなりますからね。

 

点眼液は、病院で処方してもらえるものが効果的ですが予防の際には市販の目薬でも効果は期待できます。

 

日頃から持ち歩いているといざという時に安心ですね。

 

まとめ

 

以上が、花粉症に効果的な薬の紹介でした。

 

花粉症は悪化すると仕事に支障がでてしまうほど酷くなるかたもいらっしゃいます。

 

少しでも異変を感じたらすぐに病院にかかるのが一番ですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ