花粉症に注意が必要なのはいつから?具体的な時期は?

スポンサーリンク

 

 

毎年、春になると花粉症のニュースが流れ、周囲にはマスクなど花粉症対策をする人が増えますよね。

 

では、花粉症の原因となるスギやブタクサなどの花粉はいつから飛び始めるのでしょうか?

 

今回は、ひどい花粉症に悩む方のために花粉症に悩み始める時期についてまとめていきます。

 

花粉症はいつから始まるの?

 

一般的に花粉症のピークは2月〜4月といわれています。

 

『え?2月なんて、花粉飛ばないでしょ?』

 

と、思っている方も多いですよね?

 

ですが、針葉植物のスギなどは飛散量は少ないもののほぼ年中、花粉は飛んでいるのです。

 

そのため、花粉に敏感な方は1月など雪が多い時期でも目が痒くなったり赤くなったりすることも少なくありません。

 

花粉は、症状が出ないからといって飛んでいないわけではないのです。

 

また、ブタクサなどはご存知の通り春に生える植物の中でも割と早めに生え始めますよね?

 

まだ穂を出す前からでも、花粉が飛ぶことはよくあります。

 

花粉症の方は、基本的には年中気をつけなくてはなりませんが、少なくとも1月中旬あたりから5月下旬くらいまでは重い症状が現れることを覚悟しておく必要があります。

 

急に花粉症になることも!?

 

毎年のように春先に花粉情報が流れるのをみて『花粉症の人って大変だな〜』と他人事のように思っている方も多いですよね。

スポンサーリンク

 

ですが実は花粉症はある時、突然発症する可能性もあるのです。

 

具体的な原因や要因は残念ながらはっきりとはしていません。

 

もともとアレルギー体質の方ですと花粉症になりやすいとはいわれていますが、スギなどのアレルギーがない場合には体質的にアレルギーに弱くても花粉症にはならない方もいらっしゃいます。

 

逆に、全く食べ物やハウスダストなどにもアレルギーは持っていなくても、花粉だけはダメだという方もいますよね。

 

これについては体質だと言うほかありませんが、今までは花粉症の“か”の字も見えなかった自分が急に花粉症になった際には、疲れやストレスが溜まっている可能性もあります。

 

疲労がたまると身体の中では、外敵と戦う抗体が弱くなる傾向があります。

 

また、場合によっては抗体自体が身体を攻撃する因子となることもあり、このような症状が出ると今までは花粉症になったこともないような方が急に花粉によりくしゃみや痒みが止まらなくなります。

 

毎年、他人事のように花粉症のニュースを見ていた方も、この時期の体調管理には気をつけた方が良いですね。

 

まとめ

 

以上が、花粉症のピークの時期や花粉症にかかりやすい人の特徴でした。

 

花粉症はある時突然おとずれることも少なくありません。

 

自分には関係ないと思うことなく、今からでもしっかりと対策を練っておく必要がありますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ