花見をするならここ!東京都内の公園のおすすめスポットは?

スポンサーリンク

 

 

お花見のシーズンが近づくと、職場の幹事の方々は毎年、よいスポットを求めて探し回りますよね。

 

昨年とは違う場所が良い…

 

昨年の場所は評判が悪かった…

 

今年の花見はみんなから好評を得るような良い場所でゆっくりと楽しみたいところですね。

 

そこで、今回は職場の大勢で訪れても楽しむことができる東京都内のお花見スポットである公園を紹介していきます。

 

遊歩道やボートを楽しめる!千鳥ヶ淵周辺

「千鳥ヶ淵周辺」の画像検索結果

ソメイヨシノや八重桜など、数種類の桜が1160本以上も並んでいる千鳥ヶ淵緑道。

 

周囲にはお花見の穴場でもある外濠公園もあり、大勢で訪れても広く場所を確保できるところがあります。

 

公園内で広くシートを広げて大勢で飲食を楽しんでも良いですし、水辺でボートに乗りながら高地に咲く桜を見るのもまた絶景です。

 

例年、3月〜4月上旬あたりまでが桜の見頃になりますが、その前後の日でも人が多く集まっています。

 

この時期には桜祭りも開催されており出店もありますので、特別に飲食物を用意しなくてもその場で調達することが可能です。

 

夜のライトアップは18時からおおよそ22時くらいまで行われています。

 

場所の料金は無料ですので、レジャーシートなどを持参していけばゆっくりと楽しむことができます。

 

ボートのみは有料となりますので、利用の際には注意してください。

 

お花見情報

例年の見頃 3月下旬 ~ 4月上旬
夜桜観賞 なし
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間
休日 無休
料金 ※無料

アクセス情報

スポット名 千鳥ヶ淵公園
住所 東京都千代田区麹町1-2から一番町2MAP
交通アクセス 【電車】東京メトロ半蔵門駅5出口から徒歩5分
駐車場 ×
お問い合わせ 03-3556-0391
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら

引用:https://hanami.walkerplus.com/detail/ar0313e25833/

 

 

珍しい桜が満開!六義園

「六義園」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

お花見でよく訪れるスポットにある桜といえばソメイヨシノなどが一般的ですよね。

 

そんな中、六義園にある桜の多くはなんとしだれ桜。

 

しだれ桜とは、高く伸びた木の幹からしなりのある枝が人の手の届く部分までしだれてきている桜の種類です。

 

あまり引っ張ったり花をとったりしなければ、桜を触ったり近くで撮影したりと、普段はできない桜との触れ合いをしやすい場所になります。

 

六義園も桜の見頃は3月下旬から4月上旬あたりとなっています。

 

桜祭り期間中は出店もありますしトイレもあるため、非常に居やすい場所になります。

 

時間帯は9時〜17時まで。

 

夜中に騒ぐ人がいないため家族づれでも訪れやすいスポットですね。

 

料金は一般は300園になりますので、六義園を利用する際には料金をしっかりと用意していくようにしましょう。

 

特に、職場で集まっていく場合にはあらかじめ集金を済ませておくと手間取ることもなくスムーズに入場できますよ。

 

交通
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分

駐車場
・駐車場はございません

問合せ
TEL 03-3941-2222
六義園サービスセンター
〒113-0021
東京都文京区本駒込6-16-3

引用:http://www.tokyo-park.or.jp/teien/contents/index031.html

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

公園は場所によって時間や決まりごと、料金が異なってきます。

 

幹事の方はしっかりとその点を調べた上で、花見の時間や予算に合う場所選びをするように心がけましょうね。

 

花見ができる東京のレストランはどこ?室内からインスタ映え!【2019】

花見するならこれ!東京でオススメの屋形船は?

スポンサーリンク
関連コンテンツ