花見シーズン到来!東京のお花見穴場スポットは?

スポンサーリンク

 

 

そろそろ、お花見のシーズンが近づいている地域も多いのではないでしょうか?

 

ですが、お花見の名所はどこに行っても人がたくさん…

 

お酒を飲んでいる方や大人数でのお花見をしている団体も多く、子連れや職場の仲間内での花見などで集まりたい場合には、あまり人が多くない静かな場所を見つけたいところですよね。

 

そこで、今回は長時間にわたり人が集ったり、前日から場所取りをしたりするほど混雑はしないけれどお花見をするのには最適な場所について紹介をしていきたいと思います。

 

ピクニックに最適!都内汐入公園

「都内汐入公園 花見」の画像検索結果

 

隅田川花火大会の際に人が集まることで知られる河沿いにある都内汐入公園。

 

桜のトンネルのように、歩道の左右にアーケードを作るように咲いた美しい桜は、よくテレビでも見かける都内有数の名所ですよね。

 

『え?そこって人が集まるでしょ?』と、思う方も多いかもしれません。

 

ですが、汐入公園はひらけた広場が割と少なく、不特定多数の人が集まるような場所はあまりありません。

 

「都内汐入公園 花見」の画像検索結果

 

遊歩道に逸れた桜の木の下なら、その周りに人が集まることも少なく仲間内だけで楽しむことができます。

 

汐入公園には公衆トイレもありますので、お子様連れのお花見にもぴったりですし、食事や飲み物を持ち込んだピクニックにも最適ですね。

 

「都内汐入公園 花見」の画像検索結果

 

少し歩くとコンビニなどもある場所に位置していますので、手ぶらで散歩をしながら、軽く軽食を購入して食べるのも良いでしょう。

 

ここ数年では、桜とスカイツリーが同時に見えるということでも穴場スポットとして知られる汐入公園は、特に昼間のお花見に最適ですよ。

 

お散歩にぴったり!外濠公園

「外濠公園」の画像検索結果

 

外濠公園は、ランニングやウオーキングにもよく使われる公園で縦に2キロ以上もある長い公園です。

 

遊歩道の周囲にはおよそ240本もの桜の木が植えられており、都内のランナーたちは桜の時期になるとこの道を好んでランニングルートにします。

 

少し道を逸れるとレジャーシートを敷いて飲食を楽しむ場所もあります。

 

夕方になると美しい夕日が見えることスポットは、夕方から夜のお花見もおすすめです。

スポンサーリンク

 

また、レジャーシートを敷いてまではゆっくりできないが散歩をしたいというお子様連れの方は昼間の温かい時間に出歩くと、親子で桜を楽しむことができそうですね。

 

遊歩道がメインですので、宴会客たちが集まっていても歩道はしっかりと確保されていますので、安心して散歩をすることができますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

やはり、お花見はみんなでワイワイするのも良いですがしっかりと一緒に行った人と会話を楽しめるくらいゆったりとして静かな場所でも楽しみたいところですよね。

 

今年のお花見は、ぜひこれらの公園なども参考に場所選びをしてみてくださいね。

 

花見ができる東京のレストランはどこ?室内からインスタ映え!【2019】

花見するならこれ!東京でオススメの屋形船は?

花見をするならここ!東京都内の公園のおすすめスポットは?

花見はいつ頃からできる?東京の開花予想は?

スポンサーリンク
関連コンテンツ