【紙兎ロペ放送事故】前日と同じ内容を放送、原作者が首になっていたww

スポンサーリンク

 

20日に放送されたフジテレビ系「紙兎ロペ」が、19日に放送されたものと同じものが流れたとして、番組エンディングで三宅正治アナウンサーが謝罪しました。

「紙兎ロペ」とは、下町を舞台に高校2年生の紙兎「ロペ」と紙リスの「アキラ先輩」が繰り広げる物語。

 

「紙兎ロペ」オフィシャルサイト

 

この日放送されたのは「街案内」というタイトルで、アキラ先輩が困っている人に街案内をしてやろうと待ち構えるが、逆に迷子と間違われ、街を案内されてしまうというストーリー。

これは19日にも同じものが放送されており、「紙兎ロペ」が放送された後にはネットでも「昨日と同じ?」「やっぱり同じ内容」など指摘する声が上がっていましたね。

番組最後に三宅正治アナウンサーが

「6時53分頃に放送したされた紙兎ロペですが、誤って昨日と同じ内容が放送されました。今日放送する予定だった紙兎ロペは、明日改めて放送致します。申し訳御座いませんでした」

と謝罪しました。

 

ところで、「紙兎ロペ」と言えば原作者の内山勇士さんが、2013年になんらかの不本意な理由で制作全体から離れ、実質首になり、オリジナルの紙兎ロペが乗っ取られたと言う話があるのをご存知でしょうか。

 

突然、原作者である内山さんのSNSで発信された降板。

 

フジテレビの一存で一方的に解任されたという噂がありますが、そうであればもっと大騒ぎになっていますよね。また内山さんがフジテレビにブチ切れたものの権利を奪われてしまったという話もありますがネットで検索しても、紙兎ロペの関連記載を見ても、一切そういう話が無いですし。一体何があったのでしょう?

 

私個人が思うに、どうも「紙兎ロペ」がめざましテレビと連携し出した時期の話なので、フジテレビと何かあったんじゃないかと言われていますが、本件とは別にあんまり良い印象を持っていないテレビ局なだけに、何かありそうな感じはしますね。

 

何せ、原作者が変わっているのに声優さんが変わっていないのが気になります。また、原作の内山さんが離れて面白くなくなったと言う声も出ているんだとか。

 

そんな方には山内さんの新しい作品「野良スコ」を是非おススメします!

 

ちょっと映像を見ただけでも本作は「紙兎ロペ」を離れた内山さんが制作しているショートアニメなのでタッチが似ていますし、ストーリーもなかなか面白いです。

 

「紙兎ロペ」同様、「野良スコ」は109シネマ系列で幕間キャラクターと活躍してたようで、初期の「紙兎ロペ」が好きだった人には「野良スコ」がかなりオススメですね。

 

もちろん「紙兎ロペ」も、今は別のスタッフ陣で様々な企画などと連携して新作が作られています。どちらがどうとかではなく、どちらも視聴者に好かれる作品であってほしいですね。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ