【2019】大阪の開花予想は?花見の時期はいつ?

2019年10月28日

スポンサーリンク

 

 

2月も後半に入り、いよいよ春の陽気が感じられる地域も多くなってきたのではないでしょうか?

 

特に九州から西日本にかけての地域では、日によっては10度を超える気温になってきています。

 

桜が咲くのも間近ですね。

 

そこで、今回は主に大阪を中心に今年の桜の開花予想をしていきたいと思います。

 

大阪府の基本的な開花予想は?

「開花」の画像検索結果

 

今年の大阪府の開花予想は3月26日となっています。

 

ちなみに満開が予想されるのは開花のおおよそ1週間後である4月2日。

 

例年よりもどこの地域でも早めの開花となっている今年の桜は、すでにピンクの蕾をつけ始めているのが感じられる地域もあります。

 

ただし、2月中旬に訪れた寒波が日本列島を覆った影響もあり、咲く準備をしていた桜が一度休憩をしていると考えられます。

 

この寒波がなかったらもうすこし早い開花もあったかもしれませんね。

 

その影響で、例年よりは多少は早いと言われいる開花ですが記録的な早さというわけではなく、通常通りと判断してよいタイミングで咲くと考えられます。

 

大阪府でお花見を楽しむことを考えている方は、例年通りのタイミングで花見の計画をして大丈夫そうですね。

 

同じ府内でも開花が早い場所は?

 

大阪府内には、数々の桜の名所が存在します。

 

ですが、開花予想はその場所によって割とバラバラとなっています。

 

例えば山の上にある寺や神社の桜の場合には、温度が平地に比べて低いために咲くのが遅くなる傾向があります。

 

逆に普段から歩いているような公園の場合には平地ですし温度も高くなりやすいですので開花は早いですね。

スポンサーリンク

 

もし何度もお花見を楽しみたいという方は、1度目は平地の公園で、次はすこし高台へと徐々に場所を変えていくといつでも満開の桜の下でお花見をすることができますよ。

 

ただし、大阪城のように多少高い土地にはあっても周囲が暖かい場所に囲まれているような土地ですと開花は早い傾向があります。

 

各お花見スポットによってホームページで開花予想はされていますし、今はインスタグラムやツイッターなどのSNSでも情報を得られる事態になっていますので、もしもの際にはこれらを活用するのも一つの手段ですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

大阪府内でも桜が咲くタイミングは違うことがあります。

 

場合によっては1週間ほど咲くタイミングが変わることもありますので、毎週のようにお花見の予定が入っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

大阪のおススメ花見スポットは?屋台情報について

【2019】花見をするなら大阪城!?オススメの場所や屋台などは?

スポンサーリンク
関連コンテンツ