早めの見頃で春を先取り!大阪の花見の穴場スポットはどこ?

スポンサーリンク

 

 

雪解けも間近となり、そろそろ花見のシーズンがやってきますね。

 

楽しみでもありますが、大阪や東京のように地元民だけではなく観光客も多く訪れるような場所だと、有名どころは人に溢れてお花見どころではなくなってしまうことも…

 

そこで今回は、大阪府の中でも大々的に花見スポットとしては取り上げられてはいないけれど、充分に満足感を得ることができる美しい花を咲かせるスポットについての紹介をしていきたいと思います。

 

早めの見頃で春を先取り!大阪の万博記念公園!

「花見 万博記念公園」の画像検索結果

 

3月中旬から4月の上旬あたりまで桜並木を楽しむことができる万博記念公園。

 

大阪は全国的にも桜の開花が早い場所ではありますが、その中でも万博記念公園は平地で日当たりが良いことから他の名所よりも早く満開の桜を楽しむことができます。

 

桜祭り中は21時まで園内を散策することができますので、昼間の薄ピンクの桜だけではなく夜桜も楽しみながらお酒を飲むことができます。

 

万博記念公園は穴場ではありますが、地元の方はたくさん訪れる有名スポットです。

 

そのため程よい人混みがあり、お祭り気分も同時に味わうことができます。

 

万博記念公園には、大人250円子供70円の入園料が必要になります。

 

大人数で行かれる方は入場の際の混乱を防ぐためにもあらかじめ集金をしておき、人数と値段の確認をしておくとスムーズですね。

 

桜並木ならここ!弘川寺の圧巻桜とは?

「花見 弘川寺」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

4月上旬から月末あたりまで桜を楽しむことができる弘川寺は、寺までの道のりに約1500本も植えられている桜並木が圧巻だと言われています。

 

高台にある弘川寺までの道のりに咲く桜ですので、平地から山を見上げても確認できるほど素晴らしい桜が満開になっています。

 

弘川寺で桜を楽しむことができるのは10時〜17時までの日中となりますので、ここの穴場は主に昼間のランチやお子様連れの家族にオススメのスポットですね。

 

お花見自体は基本的に無料となっていますので、ふと足を運んで散歩をしてみるのもよいですし、友人たちとこぞってレジャーシートを広げて花見をするのもよいですね。

 

ただし、弘川寺までの道のりにある桜並木ですので、寺に用事がある通常のお客様も通る道です。

 

ゴミの処理やマナーは、他の場所でも当たり前ですがしっかりと守る必要がありそうですね。

 

まとめ

 

以上が大阪府でオススメの花見の穴場スポットになります。

 

まだまだ騒ぎたい子供がいたり、身内だけでゆっくりと楽しみたかったりする方々にはこのような穴場スポットが非常にオススメですね。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

今年の花見はどこで?屋根付きレンタル可能!大阪でバーベキューをしながらできる場所は?

スポンサーリンク
関連コンテンツ