広島カープ抽選券に5万人が集まり大混乱!!その結果【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

広島の今季ホーム公式戦のチケット購入者を決める抽選券が25日午前、マツダスタジアム(広島市)で配布されました。

 

しかし、抽選券を得ようと5万人のファンらが大挙して訪れ、周辺は交通渋滞などで混乱。

 

カープ人気を反映し、近年はホームゲームのチケットの入手は困難。球団は今季から購入者を抽選で決める方式に切り替えましたが対策不足となる結果に。

 

抽選券について、球団がホームページで

「25日午前11時までにスタジアムに来場した全員」

としたため早朝からファンらが殺到。

 

no title

 

球団は配布時間を1時間20分早めたが時間までに入りきれず、締め切り後に球場関係者らと言い争いも起きました。

 

球団は「こちらの不慣れでご迷惑をおかけした」とコメントされています。

 

そもそも今回抽選券の配布としたのは、先着順だと1ヶ月も前からテント持ち込みで並ぶ者も出てきて、中には転売目的の個人または業者も少なからず含まれていると思われたからです。

 

なるべく周りへの被害、苦情を減らし本当のファンに購入してもらいたい、という方針自体はいい提案だったかと思います。

 

しかし、2万人程度の来場を想定したところ、5万人を超えるファンが押しかけて混乱。

スポンサーリンク

 

球団は当初、午前11時の段階で球場に来場した全員に、同時刻から抽選券を配布すると告知していました。

 

6時の段階で列を作っていたのは約160人。ところが9時を過ぎる頃には、広島駅から球場に向かう踏切に人が殺到するなどしたため、JRから「列車の運行に支障が出かねない」と苦情が。

 

警察の指導もあり、配布時刻を9時40分に繰り上げられました。

 

ただし10時の段階で球場に隣接するプロムナードと球場コンコース通路に駆けつけたのは約1万3000人。 そこから爆発的に人が増え、車道を埋め尽くす状態に。

結果、11時までに来場したにもかかわらず、約1万人が抽選券を手にすることができませんでした。

 

それに対し一部のファンが「どうなってるんだ」と球団スタッフに詰め寄る騒ぎもありましたが、結果、持病の発作で救急搬送された1件をのぞき、事故はなく。 午後1時30分頃には配布作業が終了しました。

 

月曜日の午前ということもあり、来場者は高齢者や主婦の姿が目立ち、島根・浜田市から駆けつけたという70代の男性は約2時間待って抽選券を手にして「疲れたけど、公平感があるんじゃないかな」と笑顔。

 

一方、広島市西区の50代女性は「時間内に並んだのにもらえなかった。約束が違う」と怒り心頭でした。

 

今後、同じように配布をするなら何かしらの対応が必要ですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ