「世界一受けたい授業」で人気者だったぽっちゃり子役・細山貴嶺くんの現在が47kg減で別人に!!ダイエットまとめ【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

ぽっちゃり子どもタレントとして「世界一受けたい授業」で人気者となった細山貴嶺くん。47kg減でまるで別人のようになったことをご存知ですか?現在はすっかりスリムになり、外資系金融機関に入社してバリバリのエリートサラリーマンになっているんだとか。

 

今回はそんな細山くんについてあれこれ調べてきました!

 

関連画像

 

赤ちゃんのころからモデルとして活躍した細山貴嶺くん。

 

関連画像

 

2歳からタレント活動を始め、「ぽっちゃり子どもタレントの細山くん」としてバラエティー番組にレギュラー出演すると、一躍、お茶の間の人気者に。

 

そして2007年、男女共学化した広尾学園の中学インターナショナルコースに1期生として入学されています。

 

広尾学園中学の1期生、しかもインターナショナルということで、最初のクラスメートは3、4人。高校卒業まで最大でも11人で、ずっと同じメンバーだったそうです。

 

生後数ヶ月の頃には既に紙おむつモデルをするなど、芸歴=年齢という細山貴嶺くんですが、2017年3月の慶應義塾大学卒業と同時に芸能界から引退することを発表。

 

慶應義塾大学を卒業する細山貴嶺くんは、いろいろと将来について考える中で、「芸能界引退」という結論を出しましたみたいです。そして、現在は外資系金融機関に入社し一社会人として働いているんだとか。

 

ところで、そんな細山くん。なにより、1番驚きなことが、ぽっちゃり・デブキャラといったイメージが強いですが、現在ではかなりほっそりとしたイケメンになっているんだとか。

 

実際の姿がこちら↓

スポンサーリンク

 

見るからに顔がすっきりしてイケメンになっていますね!!かつて自分で考えたというキャッチコピー「太いけど、細山ですっ」は、「細くなった、細山ですっ」に変化しています。

 

そんな細山くんが痩せた理由は、いじめを経験した学校生活にあったようです。小学校はインターナショナルスクールに通っていたという細山くん。当時テレビでは明るいキャラを演じながらも、実生活では内気で太っていたということも重なりいじめられていたそうです。

 

そして、そのストレスからさらに暴食してしまい、悪循環になってしまっていたといいます。そして中学になると当時テレビで共演していた芸人などの姿に感化され、いじめを克服。

 

実際に痩せ始めたきっかけは、2008年に放送された「ピン子の時間」のダイエット企画。まずそこでは、107kgから89キロまで減少。

 

 

ダイエット方法は「レコーディングダイエット」「サラダダイエット」「ランニングやエアロビクスによる運動」だったようです。

 

細山貴嶺

 

そして、その後もダイエットを続け、最終的には47,8キロ体重が落ちました。ダイエットのポイントは、5食から3食にしたことや食事内容、それからランニングなどを挙げています。

 

やはり、食事を整えてバランスよく食べつつ運動も欠かさない本来あるべき形で健康的にダイエットするのが1番いいですね!

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ