ヒカキンがタクシー衝突事故に!怪我は?

スポンサーリンク

ユーチューバーとして世界的にも人気が上がってきているヒカキンが10日、自身が乗車していたタクシーが衝突事故を起こしたことを明かしました。

 

タクシーには長らく乗っていましたが初めての事故だったと言います。

 

そんなヒカキンが事故を明かしたのには訳がありました。

 

果たして彼は視聴者に何を伝えたかったのでしょうか?

 

今回は、ヒカキンが自身の事故を通して世間に伝えたかったことについてまとめていきたいと思います。

ヒカキンの交通事故の概要は?

10日、自身が乗っていたタクシーが衝突事故を起こしたことをヒカキンらしく動画で配信しました。

 

タクシー歴は5年というヒカキンですが、タクシーはもちろんのこと人生で初めて交通事故に遭ったというヒカキン。

 

彼は朝一で仕事をするためにタクシーに乗っていたと言います。

 

仕事でスマートフォンをいじっていたところ、急な衝撃にコンビニで買ったコーヒーを盛大にこぼしてしまったと言います。

スポンサーリンク

 

コーヒーをこぼしたことに申し訳なさを感じているヒカキンですが…

 

コーヒーはともかく何よりも良かったことはヒカキンに怪我がなかったことですね。

 

急ブレーキによりコーヒーをほぼ全てこぼしてしまうほどの衝撃にもかかわらず彼が怪我一つしなかった理由を彼は次のように語っていました。

 ヒカキンが事故によって伝えたかったことは?

ヒカキン曰く、自分が怪我をしなかった理由はシートベルトをしっかりと着用していたことだと言います。

 

『当たり前でしょ?』

 

と、思う方も多いかもしれませんが、たしかに自分の車に乗るときにはシートベルトをつけることは当たり前になりつつある世の中です。

 

しかし、お金を払って乗車をするタクシーやバスの中でもしっかりとシートベルトをつけているという方はどれほどいるでしょうか?

 

義務付けられているにもかかわらず、実際にシートベルトをつけている人の方が少ないのが現実です。

 

この現実に、自身が交通事故にあって初めて危機感を感じたヒカキンは、自分が人気ユーチューバーであることをうまく利用して、世間にシートベルトの大切さを伝える動画を作成。

 

自分は事故にあわないなんて思っているときに限って事故は起こると、注意喚起を促しました。

 

世間からは、ヒカキンの言葉に共感する方も多く、まずはやはりヒカキンに怪我がなかったことに安堵の声が多く上がりましたね。

まとめ

 

以上が自身が乗るタクシーが衝突事故を起こしたヒカキンについての情報でした。

 

実際にシートベルトのおかげでヒカキンは前の座席に頭をぶつけることなく止まることができたと言います。

 

彼の経験をもとに、私たちも私生活ではシートベルトの着用をしっかりと心がけていきたいところですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ