31歳孫が祖母を刺す!殺人未遂で逮捕!

スポンサーリンク

神奈川県厚木市で10日、31歳の孫が85歳の祖母を包丁で複数回刺し、殺害しようとした疑いで緊急逮捕をされました。

 

無職の孫は祖母と殺害しようとしたことを認めているとのこと。

 

はたして孫はなぜ祖母のことを殺そうとしてしまったのでしょうか?

 

そこには介護ならではの悩みが隠されていました。

殺人未遂事件の概要とは?

無職の孫娘が祖母のことを包丁で刺して殺害しようとしたのは9日の17時頃のこと。

 

孫娘は刃渡り17センチほどの包丁で祖母のことを複数回刺したと言います。

 

祖母は太ももや肩、手首などに全体約10日ほどの怪我を負ったと言いますが、あなたには別状はない様子。

 

孫娘は警察の調べに対して「自分が祖母のことを刺して殺害しようとしたことに間違いはない」と容疑を認めています。

 

31歳の孫娘は父親と祖母との3人ぐらしをしており、普段は孫娘が祖母の面倒を見ていたと言います。

 

はたしてなぜ、孫娘は祖母のことを殺そうとするほど追い詰められていたのでしょうか?

 

そこには、現代ならではの悩みが隠されていました。

スポンサーリンク

孫が抱えていた悩みや辛さとは?

無職の孫娘は普段、日中は祖母と2人きりの生活をしていたと言います。

 

認知症を患っていた祖母との2人きりの生活…

 

日頃から訪問介護は利用していたといいますが、それでもやはり介護の支えがない夜や介護が休みの日などは孫娘の普段は大きかったのでしょうね。

 

実際、警察の調べに対して孫娘は、『殺したら楽になれると思った』と、介護が辛かったことを明かしていました。

 

夜中の2時に帰宅した父親が、負傷した祖母と自傷により怪我を負っていた孫娘を見つけ、警察に通報。

 

病院に搬送することになりました。

 

もしも父親が帰ってきていなかったらと思うとゾッとしますよね。

 

孫娘は、祖母を殺して自分もその罪を自殺という形で償おうと考えていたのでしょう。

 

結果的には、幸運にも2人とも命を落とすことはなく後遺症を残るような怪我もすることなく怪我程度で済みましたが、一歩間違えていたら取り返しがつかないことになっていた可能性は高いですよね。

 

父親はもちろんですが、世間的にももう少し過程で認知症の介護をしている家庭に対する援助や補助をする体制を整える必要がありそうですよね。

まとめ

 

以上が31歳の孫娘が祖母を刺し、殺人未遂で逮捕されたことについての概要でした。

 

殺人を計画することはもちろんいけないことですが、孫娘なりの苦悩があったことも事実です。

 

政府はもう少し、介護についての金銭的、物理的な援助などの対応を視野に入れていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ