南阿蘇市のトロッコ列車が復活!被災からの復活劇!

スポンサーリンク

南阿蘇で有名だったトロッコ列車ですが、熊本地震を境に橋や高架橋などでの運行が制限されていました。

 

しかしこのたび、10日よりトロッコ列車の平常運行が開始されることとなったのです。

 

今回は、今シーズンの運行が始まったトロッコ列車の様子や復活を心待ちにしていた市民からの声をまとめていきたいと思います。

トロッコ列車復活の様子は?

来年、3月から11月までの期間に運行がされていた熊本県南阿蘇のトロッコ列車。

 

大自然の中を大きな窓から遠くまで見渡せるということでかなりの人気を誇っていましたが、高い高架橋の上を走ったりすることから熊本地震後はあまり多くの区間は走れていませんでした。

 

この度、全区間が解禁となったトロッコ列車の出発には地元の住民や子供達など100人以上が集まりました。

 

トロッコ列車は中松駅までの約7.1キロをゆっくりと走り、その姿を一目見ようと線路脇にも多くの人が集まっていました。

 

トロッコ列車は基本的には土日祝日や春休み、夏休みなどの期間中に運行する予定で、2020年には全線の復興を目指していると言います。

スポンサーリンク

トロッコ列車復活を待っていた市民の声は?

南阿蘇の名物とも言えるトロッコ列車。

 

当然、市民たちはトロッコ列車の復活を心待ちにしていました。

 

出発式に参加してトロッコ列車に乗った子供達からは、『揺れてからワクワクして、そういうところが楽しい』などというような、楽しさが充分に伝わってくるコメントが多く上がりましたね。

 

また、乗車していた女性は『ガイドの方も面白くて飽きない』と語りました。

 

トロッコ列車にはガイドもいらっしゃるのですね。

 

南阿蘇を中心とする熊本県、九州の良いところもしっかりとアナウンスしてくれるというガイドさんの話はぜひ聞いてみたいところです。

 

ゆっくりと走るトロッコ列車は、子供でも安心して乗ることができる楽しい乗り物でしょうね。

 

完全復興に向けて、熊本県民の皆さんはもちろんのことですが、日本中のみんなが災害のことを忘れることなく応援していきたいところですね。

まとめ

以上が熊本県南阿蘇の名物でもあったトロッコ列車の復活についてでした。

 

子供たちが喜んで乗り物に乗れるという環境は案外少ないものです。

 

ゆっくりと自然を満喫しながら、ガイドさんの話によって歴史も学ぶことができるトロッコ列車は、観光客はもちろんですが現地の子供達の良い勉強の場にもなりそうですね。

 

一日も早い全面復旧に期待が高まります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ