高校側が願書の提出忘れ!?4生徒が受験できず!

スポンサーリンク

兵庫県立高校で昨年の11月、県立大学への推薦入試を希望する4人の生徒の入試願書を教師が期限内に提出することを忘れてしまい、受験自体ができなくなってしまうという問題があったことが明らかになりました。

 

県教育委員会は当該教師に対しての処分をする上で生徒に対しては深い謝罪をしていると言います。

 

なぜこのようなミスが起きてしまうのでしょうか?

 

今回は神戸市の公立高校のトラブルについてを考察した上で学校側がするべき対策を考えていきます。

願書提出忘れ問題の概要は?

昨年の11月、神戸市の県立高校の教師が県立大学を受験する生徒の願書を大学側に提出し忘れていたことが明らかになりました。

 

該当の生徒は4人。

 

進路指導を担当する教師は4人おり、教師が勤務する部屋には願書の提出期限などがメモされたものがしっかりと存在しました。

 

しかし、しっかりとした確認をしていなかったために、願書提出の締め切り当日になってから気づいた教師がその日のうちに郵送をしたが、果実には間に合わなかったと言います。

 

高校では、当該教師に複数の処分を決定すると同時に生徒に対しては『人生を左右しかねない重大なミスを犯してしまった。本当に申し訳ないことをした』と、心からの謝罪をしています。

スポンサーリンク

学校側がすべき対処は?

もちろんこの問題、忘れていた教師が悪いのですが、学校によっては数百人単位での大学専門受験の生徒を抱える受験シーズン。

 

進路指導の担当がたったの4人だったことにも問題があるように思えます。

 

また、学校側としては当該教師だけではなく校長や教頭に願書提出の期日を明確に示した表を渡し、願書を送ったごとに報告をするなどの体制をとっていればこのようなトラブルは防げたのではないでしょうか?

 

また、問題の当該教師ですが、締め切り当日に気づいたのなら郵送ではなく直接足を運んだり、当日に届くかどうかを確認した上での速達にする必要があったかと思います。

 

今回の問題は、当該教師が大学の願書提出期日についての認識が甘かったこと、そして学校側のチェック体制にも甘さがあったことなどがトラブルの要因だったのではないかと思います。

 

いずれにせよ、被害者は処分をされた当該教師ではなくあくまでも4人の生徒です。

 

まずは生徒の心のケアを最優先にした上で、二次試験や志望校を変えての受験などに向けて再びスタートをする生徒のサポートを学校全体でする必要がありますね。

まとめ

 

以上が神戸市の公立高校の願書提出忘れについての問題の概要でした。

 

やはり、生徒の将来がかかっている大切な分岐点ですので教師としては気を抜くことなくしっかりと対応をする必要がありますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ