ピエール瀧被告が釈放!保証金なんと400万円!?

2019年10月28日

スポンサーリンク

ピエール瀧被告はコカインを使用していたということで麻薬取締法違反の容疑で逮捕されていました。

 

そんなピエール瀧被告が4日午後、報道陣が詰めかけるなか警視庁東京湾岸署から釈放をされました。

 

果たして彼は報道陣の前で何を語ったのでしょうか?

 

今回は、ピエール瀧被告が保釈時に語った言葉や保釈の際の保証金の金額についてまとめていきたいと思います。

 

保釈時に語った言葉とは?

4日、午前中からピエール瀧被告が保釈されるのではないかという噂がテレビの中でも流れていましたよね。

 

午前中のワイドショーでもどうなるのかという意向を探る番組が多く、いよいよ本日のピエール瀧被告の保釈が真実味を増してきました。

 

そして午後7時すぎ、ニュース速報と共にピエール瀧被告の保釈がニュースに取り上げられました。

 

噂を聞きつけていた各番組の報道陣は東京湾岸署の入り口に殺到。

 

出てきたピエール瀧は、報道陣に向かって深々と頭を下げました。

 

黒いスーツに白いシャツ姿で現れたピエール瀧被告は、やはり疲れている様子を見せました。

スポンサーリンク

 

彼は頭をあげると、『この度は、私ピエール瀧の反社会的行為により、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしました。誠に申し訳ありませんでした。』と、言葉少なめに謝罪の意を明らかにしました。

 

コメントを発表し、一通りの写真がとられたあたりでピエール瀧被告は警察署を後にしました。

ピエール瀧被告の保釈金は?

ピエール瀧被告は、保釈保証金を支払ったことで保釈が認められました。

 

その金額はなんと400万円。

 

保釈前日の3日に、弁護人による保釈請求が行われていたのだと言います。

 

それでもすぐに保釈が認められず、4日の午前中にも定かな情報が流れなかったのは、ピエール瀧被告の長期の使用期間と再犯の可能性によるものでしょう。

また、ピエール瀧被告にとって、保釈保証金よりも大変になってくるのは保釈された後の賠償金でしょう。

 

すでに所属事務所を解雇されてしまっているピエール瀧被告。

 

CMや映画の打ち切り、差し替えなどで生じた賠償金をどのように支払っていくのかについてはこれから討論がなされるようです。

まとめ

以上が、4日午後7時すぎに保釈が認められたピエール瀧被告についての情報でした。

 

保釈されてはいますが、今後芸能界に戻ってこれるかどうかは定かではありません。

 

まずはしっかりと反省した上で、社会に出られるように依存症を克服して更生していただきたいところですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ