マトリが芸能界をマーク?ピエール瀧被告以上の大物も!?

スポンサーリンク

ピエール瀧被告がコカインの使用で麻薬取締法違反の容疑で逮捕されて以来、芸能界ではタレントたちの私生活に目を光らせていると言います。

 

というのもピエール瀧被告が逮捕されたことによる被害総額は10億円をゆうに越すのだとか…

 

麻薬が横行する芸能界には麻薬取締部も水面下で調査を進めていると言います。

 

そこで今回は麻薬取締部、通称マトリが注目している芸能人についてまとめていきたいと思います。

 

役者、音楽界では?

ピエール瀧被告を逮捕したのは厚生労働省麻薬取締部、通称マトリと呼ばれる組織でした。

 

そんなマトリは以前から芸能界をターゲットに麻薬捜査を行っていたと言います。

 

例えば、ヤクザ映画には欠かせない人材として人気がある強面俳優や大物音楽プロデューサー。

 

2人ともクラブなどでコカインを使っていたとの目撃情報などがあり、逮捕にまでは至っていませんがかなり慎重に捜査の手が及んでいると言います。

 

また、噂ではありますがすでに家宅捜索を受けているとの情報もあり、もしこの時に自宅にコカインなどが発見されていたらその場で逮捕されていたということでしょう。

スポンサーリンク

 

たまたま証拠がなかったから逮捕されなかったのでしょうか…?

 

マトリでは証拠をしっかりと掴むために徹底的にマークしていると言います。

バラエティ界では?

麻薬の手はバラエティで活躍する芸能人にも及んでいると言います。

 

結婚後もグラビアアイドルとして活躍するタレントや元アイドル歌手、国内外で人気を誇っているミュージシャンなどが挙げられると言います。

 

さらに日本では知らない人はいないというほど有名で人気も高い国民的タレントに至っては、逮捕も秒読みだと言われているのです。

 

すでに行われている家宅捜索では【黒に近いグレー】として逮捕は免れたようです。

 

どうやら、彼の場合にはあまりにも社会的影響が大きすぎて完璧な黒でなくては逮捕をすることは難しいと判断した様子です。

 

もしも逮捕されたとすると過去最大の騒動になることが予想されるというタレント。

 

それほど影響力がある方なら、ファンの期待を裏切らないように反社会的行為を謹んでいただきたいところですよね…

まとめ

以上が芸能界に手が伸びるマトリの捜査と、疑いのある芸能人たちでした。

 

いずれも逮捕されるまでは名前が出ることはないでしょうが、どうやら業界では麻薬使用として有名な方もいるようです…

 

マトリには逃げられない確かな証拠をつかんだ上での起訴をしていただきたいところですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ