大船渡・佐々木投手は大阪桐蔭を蹴っていた!?将来の夢は?

スポンサーリンク

全国の舞台にこそ出場していないものの、岩手県の地区予選ではすでに昨年の夏あたりから注目を集めていた大谷翔平選手に次ぐ投手がいるといます。

 

それが今回話題になっている佐々木朗希投手。

 

彼は才能に溢れていながらもなんとあの甲子園の名門・大阪桐蔭高校のスカウトを蹴って地元・大船渡高校に進学したという噂があるのです。

 

果たしてその噂は真実なのでしょうか?

 

ここでは、彼が大船渡高校に進学した理由とともに将来の夢についてまとめていきたいと思います。

 

大阪桐蔭を蹴った訳は?

佐々木朗希投手が中学校から高校に進学する際、甲子園の常連校である大阪桐蔭高校からのお誘いがあったという噂があります。

 

この頃、実際に大阪桐蔭のスカウトが岩手県に訪れていたという話もありますので、その噂は事実でしょう。

 

さて、そんな有難いお話があるのならなぜ佐々木投手は断ってしまったのでしょうか…?

 

甲子園常連の大阪桐蔭に入学すれば、無名の公立高校にいるよりもプロ野球選手になれる可能性は高いはず…

 

さらに岩手県からメジャーリーグに行った輝かしい成績を残している、先輩である大谷翔平選手や菊池雄星選手にも近づける可能性だってあったのです。

スポンサーリンク

 

しかし、彼はスカウトがきた大阪桐蔭はもちろんのこと、岩手県の名門である花巻東高校などにも進まなかったのです。

 

その理由はただ一つ。

 

“中学から同じチームで戦ってきた仲間と一緒に甲子園を目指したかったから”

 

カッコいいですよね!!

 

まるで高校野球漫画の主人公のようです。

 

実際、佐々木投手率いる大船渡高校は私立の強豪がひしめく中、公立高校としてベスト8、ベスト4などの成績を残しています。

 

きっと彼には、私立が甲子園の常連校となっている岩手県の中でも、トップになる自信があるのでしょうね。

 

強い心を持っている佐々木投手なら、甲子園に出ても出なくても華々しい将来が待っていることでしょう。

将来は?

さて、名門高校の推薦を断りプロ入りには若干のリスクを背負った佐々木朗希投手ですが、インタビューで彼は将来の夢についてこのように語りました。

 

“プロ一本”

 

地元の公立高校に入ったとしてもプロ入りは不可能ではない。

 

プロ野球選手を目指す全国の高校球児に、彼ならきっと大きな夢を与えてくれることでしょう。

まとめ

以上が現在話題になっている岩手県立大船渡高校のエース・佐々木朗希投手についての情報でした。

 

語ることも立派ですが、何より行動にしっかりと移して成績を残している佐々木投手、そして大船渡高校の選手たちがかっこいいですね。

 

彼は、まだまだ復興が進まない岩手県にも明るいニュースをもたらしてくれることでしょう。

スポンサーリンク
関連コンテンツ