ゴーン容疑者・裏切り者を明かす!?実名も?

2019年10月28日

スポンサーリンク

4日、新たな特別背任容疑で再逮捕されたカルロスゴーン容疑者。

 

少なくとも今後は14日間は新たに拘留されることになるわけですが、どうやらカルロスゴーン容疑者は逮捕される前に音声で“自分を逮捕に追い込んだ人物を実名で表す音声”を残していたのだとか…

 

そこで今回は、彼がメッセージで残した内容や日本での逮捕期間を経たゴーン容疑者の変化についてまとめていきたいと思います。

ゴーン容疑者が残したメッセージとは?

4日、今までとはまた別の会社法違反の内容で逮捕されることになったカルロスゴーン容疑者。

 

しかし、実は逮捕以前にカルロスゴーン容疑者は自身を逮捕に追い込むことになった内部を含む裏切り者についての情報を実名を挙げて話したメッセージを残していたことが明らかになりました。

 

これについては、妻であり現在は日本を出国中で証人尋問を逃れたキャロル氏が語っていました。

 

フランスの雑誌のインタビューで語ったキャロル氏は、逮捕前にゴーン容疑者がフランス誌でインタビューを受けた際の音声が残されているということを明らかにしたのです。

 

現在はカルロスゴーン容疑者側の弁護士が所有しており、まもなく、おそらく彼が拘留されているであろう期間中には公開されると言われています。

 

挙げられた実名については明らかにされていませんが、おそらく内部でゴーン容疑者について不利になるように動いていたと言われる人や顧問弁護士などの名前が挙げられると考えられています。

スポンサーリンク

 

信ぴょう性についてはなんとも言えませんが、この情報が捜査のきっかけになる可能性はたかそうですね。

逮捕を経たゴーン容疑者の変化とは?

日本での約108日、そしてさらに今回の再逮捕による勾留の延長を経て、カルロスゴーン容疑者はすっかり人が変わってしまったようだと周囲は語ります。

 

そう語るのは、妻のキャロルさんをはじめとする周囲の人物たち。

 

先日、一度釈放されたカルロスゴーン容疑者と顔を合わせた際に、今までの威勢の良い攻めの姿勢だったカルロスゴーン容疑者が、静かで自信なさげな雰囲気漂う人物になってしまったようです。

 

さすがに1年の3分の1ほどの期間を警察署の中で過ごしていれば、どんなに強い気持ちを持っている方でも弱気になりますよね。

まとめ

以上がカルロスゴーン容疑者が残したとされる証拠になりうる捜査情報やゴーン容疑者の性格の変化についてでした。

 

長引くトラブルは誰の得にもなりません。

 

事態が早く収束してゴーン容疑者をはじめとする人々が安心して生活できる日が来ることを願うばかりです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ