ピエール瀧被告の保釈がの足取りは?ドイツでの復帰説の真偽は?

スポンサーリンク

4日、警視庁東京湾岸署から保釈されたピエール瀧被告ですが、その後の足取りは定かではないといいます。

 

雑誌記者達は、保釈後にピエール瀧被告を乗せたバンを追跡しましたが、残念ながら途中で巻かれてしまった様子。

 

しかし、視聴者としてもピエール瀧被告の行き先については気になるところが多いですよね。

 

そこで、今回はピエール瀧被告の保釈後の足取りと共に、ドイツでのミュージシャンとしての復活説についてもまとめていきたいと思います。

ピエール瀧被告の保釈後の足取りは?

4日、コカイン使用などの罪で逮捕されていたピエール瀧被告が保釈をされました。

 

警察署から出てきたピエール瀧被告は、少し痩せた様子で黒いスーツに白いシャツ姿で現れ、深々と頭を下げました。

 

その上で、今回の件についての謝罪をし、立ち去る際には押しかけたファンから励ます声が多く聞かれたことが印象的でしたね。

 

しかし、その後のピエール瀧被告の足取りははっきりしてはおらず、後を追った記者も多かったですが居場所を突き止めることができた人はいませんでした。

 

ピエール瀧被告の謝罪の気持ちや社会復帰への意欲から見ても、ピエール瀧被告は更生施設に入ったと思われていますが、どこに入ったのかは定かではありません。

 

また、おそらくピエール瀧被告の自宅にも取材陣が押し寄せていたはずですが、写真を撮れた記者がいなかったことからおそらく自宅には帰っていないことと考えられます。

スポンサーリンク

 

やはり更生施設や病院などの線が濃厚でしょうね。

ドイツでの復帰説の真相は?

ピエール瀧被告の保釈後の日本での活躍はしばらくは不可能だと考えられています。

 

やはり、日本では視聴者からの目や芸能界の中での問題もあり、残念ながらすぐに復帰することはどの芸能人でも難しかったです。

 

しかし、相方であり兼ねてからツイッターでピエール瀧被告に対するメッセージのようなものを発信していたことで知られる石野卓球さんは電気グルーブの解散はないと明言しています。

 

そんな中、ピエール瀧被告の保釈前後からドイツに足繁く通っている石野卓球さん。

 

ヨーロッパでの人気も高かった電気グルーブがもしかするとドイツで復活を果たすのではないかと考えられています。

 

石野卓球さんがドイツに足を運んでいるのは仕事の都合かと言われています。

 

真相についてはまだはっきりと発表はされていませんが、ドイツでの復帰説は濃厚かもしれませんね。

まとめ

以上がピエール瀧被告の保釈後の足取りとその後想定される彼の活躍の方針でした。

 

また、ネットを中心に活動を進めていくという話もあり、ピエール瀧被告をまたメディアの中で見る機会が来る日も近いのかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ