米兵、沖縄県女性と心中か?民間アパートで2人が死亡

スポンサーリンク

沖縄県桑江のアパートで、13日の午前7時頃にアパートの住人から“トラブルがあるようだ”と警察に110番がされました。

 

駆けつけた警察にやってみたかったのは、このアパートに住む44歳の女性と32歳の米兵の遺体…

 

どうやら無理心中を図った様子でした。

 

そこで、今回はこの事件の概要の共に事件についての米軍のコメントについてまとめていきたいと思います。

事件の概要は?

事件が起こったのは13日の朝方。

 

同じアパートの住人から、“このアパートでトラブルがあったようだ”と警察に通報が入ったのです。

 

警察が駆けつけてみると、見つかったのはこのアパートに住む女性と、交際相手と見られる米兵の遺体。

 

2人は一緒にベッドの上に倒れており、いずれも刃物で刺されたことが致命傷になっていると見られています。

スポンサーリンク

 

凶器の刃物はベッドの上にあり、アパートの部屋には第三者が侵入した様子は見られなかったと言います。

 

警察が駆けつけた際、アパートには女性の子供もいましたが、その子に怪我はなかったと言います。

 

子供の詳しい年齢などは明らかになっていませんが、現場の状況やもしかすると子供の証言などもあり2人の死亡は心中によるものであると見て間違い無いと判断したのでしょう。

 

14日以降に、2人の詳しい死因を突き止めるために司法解剖が行われると言われており、詳細についてはこれの結果待ちということになりそうですね。

 

米兵は、周辺住民の話によると12日の夜から女性の住むアパートにいたと見られています。

米軍のコメントは?

沖縄県民である女性と、アメリカ兵である米兵が心中したことについて、防衛省は米軍に抗議の連絡を入れました。

 

米軍からは『捜査に全面的に協力をし、兵士の綱紀粛正に徹する』とのコメントが上がりました。

 

沖縄県民と米兵とは、兼ねてからトラブルが多く、過去には婦女暴行からの殺人事件まで起こっているほど問題視されている関係性です。

 

今回の件も含めてですが、米兵が沖縄に駐留していることが原因での死亡事故が亡くなることを求める方が、日本側からアメリカ側に対しすべき一番の問題でしょう。

まとめ

以上が今回、大きな問題となっている米兵と沖縄県女性との心中事件についてでした。

 

2人は交際していたとも言われていますので、痴情のもつれや結ばれることがない関係性などがトラブルの原因とみられています。

 

できるだけ早く原因などの解明が進められ、沖縄県民が少しでも安心して暮らせる場所になっていただきたいところですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ